縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


広告を消そう!

 エントリを書き直すだけじゃ、広告は消えないのね。
 がっくり。
日記

0 TrackBacks
0 Comments

作務衣の仕立てについて

 メールクライアントをインストールしてないのに、操作を誤って、関連付けをキャンセルしてしまい、現在、webメールしか使えません。
 もうちょっと、時間のある時に、インストールして使えるようにします。


 さて。
 作務衣のお仕立てについてですが、一般的な呉服屋さんにお尋ねになると良いです。
 大抵は、お引き受けしていただけます。
 細かいところは、相談ですが、ところによっては、「作務衣」と一緒くたにして、現在、市販されている作務衣を仕立ててくれるかもしれませんので、袖の形や身八のあるなし、袖口をゴムにするか、衽はつけるかなど、細かい確認はしてください。
 見本となるものがお手元にあれば、それをお持ちになられると話が早いです。

 呉服屋さんにお願いする時は、基本は、一からの仕立てになりますので、解いた反物か新品の生地をお持ちください。仕立て直しの場合は、洗い張りがされているとなおよいです。例えば、一枚の出来上がった着物を持ち込むと、解くところからするので、課金対象になります。


 ひわ 拝

 
 
日記

0 TrackBacks
0 Comments

スーパーマーズ

 2年2か月周期で、火星が地球に最接近する日。
 火星の軌道は、楕円なので、最接近といっても、その時々で距離が違うのだそうです。
 火星が燃えるように南の空に浮かぶ日なのです。

 さて。
 残念なことに、最接近した日は、曇り空で、時々切れる雲の向こうに、ちょっと、ありえないぼんやりした星が見えました。1週間ほどは輝いて見えるそうなので、今日あたりもう一度、見上げてみようと思います。

 惑星は、太陽の周りをまわっています。
 周期的に離れたり近寄ったりします。
 月も同じです。

 月の最接近の日は、スーパームーンと言います。
 ほんと、でかいです。

 10年程前のこと。
 チャットで、アメリカ在住の日本人の方とお話しする機会がありました。
 英語が苦手で、日本が恋しいという彼女は、大きな月を見上げていました。
 ちょうどその時間、私も、同じ月を見ていたのです。
 今日の月は、大きいなぁ……、と、何気なしに見上げていました。

 彼女との時差は、マイナス7時間。
 同じ時を共有しているのに、私のほうが7時間先の未来にいるのです。

 ちょっと、凹んでいたという彼女は、何気ないそんな話に少し元気が出たようでした。
 次に凹んだときは、また月を見上げてね。と、約束しました。
 きっと、同じ月を見ているから。

 いま、その言葉に励まされているのは私のほうかもしれません。

 満月を見ると、彼女を思い出します。
 もう、連絡をとる手段がない彼女ですが、きっと、元気でいてくれるのだと思います。

 と、まあ、そんな話を、今現在つながっている、妻帯者にしたら、
「口説いてんの?」
 と、笑われました。

 そうか。
 人が違うと、口説き文句になるのか。

 誰にでも振っていい話題と、ちょっと気を付けたほうがいい話題があることに気づいた出来事でもありました。

 これで、ラブストーリーができそうだな。
日記

0 TrackBacks
0 Comments

神社に営業に行った

 母がシルバー人材センターで神社の雑用を請け負った。
 その話の流れで、なぜか、神社に営業に行くことになった。
 曰く、
「作務衣を作ってほしい」

 ここで、一つ大事なことがある。
 作務衣は、和服の一種ではあるが、和裁のテリトリー外なのだ。
 現在の作務衣の形になったのは、昭和も戦後のこと。
 お寺さんなどで修行僧や小坊主さんが着る作務衣とは、ちょっと違う。

 上着は、ひっぱりや上っ張りなので、これは課金しても良心は痛まないが、下衣(したぎ)はズボンで、和裁ではないのだから、いわゆる、「素敵にハンドメイド」なのだ。
 ここは、一つ、和裁士としてではなく、ハンドメイド作家としてお代をもぎ取ろうか。
 いや。でも。しかし。

 こんな時は、参考価格として、相手の言い値を聞いてみるのだ。
「おいくらでやってもらってたんですか?」
「うん。上8000円、下8000円くらい」
 


 ご、ご、合計、16000円ですか?
 そうですか?
 聞き間違いじゃないですね?

 作務衣の仕立て代ごときに1万6千円だすのかー。
 そうかー。

 よくよく聞いてみると、のれんを出してる呉服屋さんに聞くと、2万とか、それ以上を提示されたのだそうだ。

 ちょっと古いが、「びっくりぽん!」だ。
 それ、言外に、「作務衣なんざ、お断りだ!」って言ってますよね? ね?

 とりあえず、課金対象の上着で8000円。ワタクシの良心を説得して、下衣2000円の10000円で手打ちとしていただきました。

 まあ、ね。
 2万円とか、くれるっていうんならほしいけど、実力に見合ったものをもらわないと、手が震えて受け取れません。
 
 でも、普通の着物にだって、2万はくれんだろ。ねえ?
雑談

0 TrackBacks
0 Comments

floatの罠

 画像のあるエントリの表示がおかしかった。
 こりゃ、なんか、あるな。と、htmlを見ても、特に、悪戯しそうなタグはなかった。
 なら、css。
 久しぶりに見たcssやhtmlは、ワタクシのお目めに拒絶反応を起こしてくれました。
 
 ワタシ ニホンジン アルネ。ニホンゴonly。です。

 そして、見つけたfloat: left;の罠。
 難しいんだよ。float使うの。
 これを削除したら、上手く機能しました。
 ありがとう。昔のあたし。よく勉強してました。うん。

 もう、過去の話だけどね。
雑記

0 TrackBacks
0 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。