縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


花の色

紫陽花が満開です。

近くのごみ収集所には、真っ青な紫陽花が咲いています。
この収集所、春には(うちの里子の)八重桜が咲き、秋には栗が実り、山茶花が咲きみだれる風流なところです。
うちの庭には、ピンクの紫陽花。
犬の散歩道には、真っ白な紫陽花。

ガク紫陽花はいまいち好きになれません。
何も、咲くのに出し惜しみすることはないだろう。・・・なんてね。
やっぱり、豪勢に咲いているほうが、梅雨の鬱陶しさが紛れるようです。

紫陽花は土壌のphで色が変わるといわれますが、
とすると、うちの庭は、「酸性」か?
ごみ収集所は、「アルカリ性」なのか?
ってことは、白い紫陽花は?・・・「中性」?

むぅ・・・
紫陽花とは、奥の深い植物です。

ところで、庭には、薔薇も咲いています。

薄紫の薔薇で、皆で一目ぼれして買ったものです。
植えたその年は咲きませんでしたが、翌年、綺麗な薄紫の薔薇が咲きました。

今でこそ、バイオテクノロジーで、青い薔薇もありますが、
当時は、青味がかることも珍しかったように思います。

で、問題はここからです。
毎年毎年、咲くには咲くんですが、なんだか、段々、

   ・・・ただのピンクに成り下がってないか?

「薄紫の薔薇の人」になりたかったのに。
他にも、買った当時は「猩猩緋」の色をしていたのに、こっちは、

   ただの朱色?

むぅ・・・
紫陽花のように、土壌のphで、色が変わるんでしょうか??

以前、紅茶色の薔薇もいただいたので、挿し木してみました。
つくにはついたんですが、・・・見当たりませんね~。


0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/98-6e2fc4de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。