縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


空回り。

ネットで初めてのお客様。
気合も入れて、メラメラと燃える炎も背負って、

   やるぜ!やるぜ!やるぜ!!オレハヤルゼ!!

某漫画のハスキー犬のごとく、燃えたのでした。
こんなに「やる気」オーラを放ったのはここしばらくなかったです。

予定納期よりも早く仕上げ、梱包に気を使い、

   よっしゃ!"(#  ̄ー ̄)〇""グッ"

納品したときには、燃え尽きました。

そして数日後。一通のメールが。

「お袖丈の寸法が合わないんです」

   なぬっ!?
   おかしいわ!合わないってどういうことなの!!

推測するに、お互い、麻同士の着物と襦袢、すべりが悪いのと、お襦袢の方が少し重かったので、馴染まなかったのでは。
いや。
お客様は、お襦袢のお袖丈が長いとおっしゃっているのだ。
長い。っていったら、長いんだろう。


   くぅぅぅぅぅ。何やってんだぁぁ。あたしぃぃぃ(号泣



ちゃんと寸法取ったんだけどなぁ・・・。甘かったなぁ・・・。反省。

我が仕立て屋のコンセプトは、

   「10年後も箪笥の中でお誂え」

仕立て屋さんは、仕立てのプロなんだから、きれいに仕立ててあたりまえ。
それに付加価値、着易さや、着た時の美しさがなきゃ、プロっていえないでしょ。
それなのに、それ以前のところでこけるとは・・・。

鼻とプライドだけは高いんだ。・・・すぐへし折れるけど。


心をこめて、お直しいたします。本当に申し訳ない。

さらに追い討ちをかけるように、HPで借りていたFlashの素材が使えなくなって・・・。
こればっかりは、サイトさんの都合だからな。ちぇ。

踏んだり蹴ったりとはこのことだな。
ついてないなぁ。

   
仕事中

0 TrackBacks
2 Comments

Comment

No title

>四の三半さん
よくご存知で(笑)<某漫画のハスキー君
生地の素材如何で、寸法が合っていても上手く合わないこともある。
ということに、今更ながら気づかされました。
日々精進。詳細は、7月9日のブログ参照で。
2005/07/09(Sat) 20:16:00 | URL | ひわ@管理人 [ Edit]

No title

ハスキー犬の名前は確か”シーザー”で飼い主は”ブッチャー”さんでしたっけ?
 ひわさんのお客様が言っていた、袖丈ってほんとに袖丈何でしょうか、もしかしたら裄かも、ならば私にも同じ事が有りました、男物で着物が紬で襦袢が絵羽によくある”ふにゃふにゃ”したやつで、その差は2分なのですが、襦袢が出てきてしまうそうなんです。
 それは呉服屋さんからの仕事だったのと、襦袢は私の仕事ではなかったので、直しは免れましたが。
 どちらにしても他人ごととは思えません、直しの結果を記事にして頂けるとありがたいのですが...
ちなみに私の襦袢の引きは女物は袖幅2分引き、肩幅同寸で、男物は袖幅2分引き、肩幅3分引き。袖丈はどちらも2分引きです。
2005/07/09(Sat) 05:22:00 | URL | 四の三半 [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/94-694017bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。