縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


間違えたっ!

ものの見事に間違えました。

モノは、千代田。しかも、仕立て直し。
たて縫いも終わり、ポッケもついた状態で、

   さて。衿でも付けるか。

と、合わせてみると、どうも、つかないことが判明。
仕立て直しなのだから、つかないとおかしいのです。
だって、この裁ちとヘラでついていたのを解いたのだから。

   何が? どう違うの??



あれこれとひっくり返してみると、小衿裏が立て衿裏を引っ張りあげる仕立て方で、
小衿先の縫込みが一つも出てこないっ!

たて衿付けが浅すぎて、縫込みがなくなっていたのです。



しばし、呆然。

   もう、ミシン掛けちゃったよ。
   ポケットもついちゃったよ。
   どうするよ。これ。

どうもこうもありません。
しぶしぶ、たて衿をほついて、縫い直しです。

ちぇ。

縫い直しかよ。ちなみに、変わり衿のはめ込みは仕立て方が二通りあります。

たて衿裏を立ち上げてそのまんま小衿裏にもってくるやり方。
小衿裏を別布で付けるやり方。

小衿は小衿で、別のものなのだから、ワタクシ的には推奨ですが、
今の主流はです。

別に、小衿裏を取る必要がないので、今流行の、「エコ」になりますか。


参考までに、

難しいのはです。
ややこしいのもです。
融通が利かないのもです。
用布が多いのもです。


・・・・・・はっきり言って、いいとこなしです。
羽織・コート

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/77-f1435006
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。