縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


内掛け、買っちゃったw(単位は鯨尺)

結婚するわけではありません。
用もないのに、買っちゃって、何をするかと言えば!

   バラス!これだ。

試験勉強がてら、しょぼしょぼと手を動かしているので、内用のお仕事だけやってます。
間違ったら泣くからね。
オークションの通りすがりに目が留まったので購入してみました。

で。

5分巾の裾綿はやったことがあるので、今度は、3寸巾で挑戦してみるかー。
袖口の綿は入れたことないしなー。
と、
やる気だけは十分。

さて。
いざ。

こバサミを手にムキッと縫い目を剥いてみたら・・・・・・! ミシン縫製でした。
まあ、そうだわな。
それでなきゃ、こんなに安くないよね。
しかも、生地が思ったよりごつい。
一応、正絹が売りだったから、信用はしているけど。

はー。
これ、バラシテ、元に戻るんだろうか・・・・・・。
日記

0 TrackBacks
2 Comments

Comment

入れる綿は真綿です。

綿(めん)はふわふわしすぎ、つぶれると元に戻らないので、
正絹の真綿を使うのだと聞きました。
他にも、理由があるのかも。
とはいえ、裾がつぶれるほど、打ち掛けを着倒す人もいないでしょうから、さほど気にすることもないのかな?

とはいえ、小バサミを手にしたはいいが、恐ろしくてチョッキンが出来ないでいます。


3寸と書きましたが、出来上がりは、1寸5分です。
製図が3寸丸。
2008/02/07(Thu) 17:11:55 | URL | ひわ@チャレンジャー。 [ Edit]

すごい!

内掛をバラスなんて凄いです。

昔々、自分の結婚式に着て依頼、さわったこともありません。

勿論、裾綿の入れ方も知りませんし、ふきの縫い方も知りません。

昔は七五三の晴れ着も袖口や裾に真綿を入れてふっくらと、かわいらしく仕立てたそうですが。

内掛の綿も真綿ですか?
2008/02/07(Thu) 14:25:45 | URL | ちあき [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/60-0486f5f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。