縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


すずめのお宿。

先日の強風で、網戸がすっ飛んでいきました。
直してません。
良い気候だったので、窓、開けっ放し。
カーテンがそよそよと、外向きになびいています。

と。

   ちゅん(怒)ちゅん(怒)

と、さも、けんかを売りにきました口調のすずめの声と、

   ばたばたばたばたっ!!!

という羽ばたき。が、室内で??

   なんだ、なんだ、なんだ???

ごっつんごっつん音のする出窓のほうを見ると、中くらいのすずめが迷い込んできていました。
ガラス窓の向こう側に行きたいらしく、一所懸命ばたばたするのですが、いかんせん、硝子のこと。

   向こう側にはいけないのよ。うふふ。
   君には見えないだろうけど、そこには、透明な壁があってね(ΦωΦ)

カーテンをばさっと避けたら、すずめちゃんの円らな瞳と目が合いました。
気のせいかな?

   ひーっ!
   食べられるぅ!!!


と、潤んでいるように見えたのは……(遠い目)。

必死に窓ガラスにへばりつくすずめをむんずと掴むと、手の中にすっぽり入りました。
ちっちゃい。
そして、とっても温かい。
ちょっと急ぎの仕事を持っていたので、遊んでいる暇なんかなかったのが残念。
そのまま、ぽいっと、窓の外に投げてやると、

   ちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅ!!!

と叫びながら、一目散に逃げ去りました。



・・・・・・食べないって。



名残を惜しみながら、鳥インフルエンザが恐かったので、キレイキレイで綺麗に手を洗いました。



ああ。それから、お礼はいいからね。
でも、どうせくれるなら、大きなつづらじゃなくて、宝くじの当たり券とか、万馬券とか。
そんなんがいいなー。

↑おばあさんより強欲かも。
日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。