縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


和ロリ・和ゴス

 和ロリとか、和ゴスというジャンルがあるらしい。
 着物とロリータをチャンポンにした、いわゆる、浴衣ドレスの着物版。

……。

 はっきり言おう。
 認めねぇ。
 そんなちゃんぽん、あたしゃ、認めねぇ。

 チマチョゴリみたいなふんわり袴とか、認めねぇ。

 なんだよ。巫女ドレスとか。
 巫女さんをなんだと思ってんだ。

 黒綸子の無地の着物に、レースの袴、同じくレースの羽織でいいじゃん。
 帯は、中古の金の袋帯を解いて半幅にしてさ。
 ヘッドドレスはミニ帽子に着物の残布で作ったふわふわリボンと組紐をアレンジしてタッセル垂らして、黒い日傘差せばいいじゃん。

 何で、ダメなのさ。
 なんで、ドレスにこだわんのさ。
日記

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/396-648e8180
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。