縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


ビーズの半襟

 放置している間に、お客さんが着てくれています。
 多くは、和裁ではなく、なぜか、「ビーズの半襟」で。

 数は多くはないけれど、意外に、需要はあるのかも?

 なので、もうひとつ、作ってみることにしました。


 今までは、斜め柄で、バイアスを効かせて衿に沿うようにと思っていたけれど、よく考えてみると、一枚布じゃないのだから、その辺の融通は効くのだ。
 なら、斜めでなくても、柄優先でもいいんじゃないか?。

 で、検索してみた。

 主に、ビーズのがま口。
 ビーズクロッシェで検索してみたら、ほとんどががま口でヒットしたからっていうのもある。

 今までの半襟は、左右の往復で、ビーズは裏に出るのだから、一行おきにしか出ない。
 縦に編めば横縞。横に編めば縦縞。バイアスに編めば斜め縞。
 必然的にそう決まってくる。
 でも、がま口は、ぐるぐると紐を巻くように編み上げていくので、常時、表を見て編める。
 つまり、裏一面にビーズが埋まるのだ。

 半襟でこれをしてみたい。と思ったのだ。
 ところが、半襟は、円筒ではないから、ぐるぐる編みができない。
 さて。

 一枚布にして、ぐるぐる編みができないかといえば、実はそうでもない。
 コースターは、中心からぐるぐる編みで、終始、表を見て編み進める。
 これを、四角く編めば、それなりに形にはなる。
 例えば、編みバッグの底などは、そうだ。

 問題があるとすれば、バッグは、精々が2寸×5寸ぐらいのものであるが、半襟は、3寸弱×20寸(2尺)もあるということ。
 さらに、一面ビーズを埋めるとすれば、一行おきに埋めるものと違って、その倍、必要になる。

 面倒くさいし、物入りだなぁ……。
 
[小物]ビーズ半衿

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/384-178718ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。