縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


産着と被布コート

 着物を商品として販売しているなら、お願いだから、基本は押さえておこうよ。と、涙ながらに語ってみる。

 産着は、赤ちゃんが「産」まれてはじめて着る着物だ。赤ちゃんが直接身に着けるものだから、やわらかい天然素材で、無垢な赤ちゃんの皮膚にも優しい生地で作る。
 多くは木綿のガーゼで、これは大人は絶対に着ないものだ。
 だから、「産着」という。

 同じ「うぶぎ」でも、「初着」と書くと、「産着」とは違うものになる。
 これは、赤ちゃんが、「初」めて大人と同じ生地を使って作る着物だ。正絹や化繊のものが多く、刺繍や染めで柄が書いてある華やかな晴れ着だ。お宮参りという、赤ちゃんの一区切りのお祝いとして仕立てるもので、多くは一つ身であるが、大人の羽織を仕立て直した四つ身もあるし、布幅が許せば二つ身や三つ身のものでもよい。

 要は、寸法がお宮参り用で、お袖が大名袖であればよく、幅の広い紐をつけたものであれば、裁ち方なんぞ、どうでもよい。
 背縫いがあってはダメだという意見も聞くが、背縫いがないとそこから悪魔や悪霊がとりつくから、背守を付けるだけで、背縫いのあるなしが問題ではない。
 また、縫い目は結界でもある。それを破らないと中に入ってこれないのだから、結界のない背を背守で守るという意味もある。

 やがて、それは3歳のお祝いに、あげを取って着るのだから、その寸法に耐えうる形であればいいのだ。

 被布コートもしかり。
 被布コートとは、つまり、脇にマチがなく、縫い目が割ってあるもので、お外でしか着られないものだ。縫い目に、悪いものはとりつくのだから、縫い目がむき出しになるコートを着たまま室内に入ることは、意識せず拾ってきたあらゆる「魔」をそのまま家の中に持ち込むことになる。
 基本、屋根のあるところでは脱ぐのだから、神社でお祓いを受けるときは脱がなければならない。外套は、誇りや紫外線から着物を守るためのものだから、屋内では必要ない。
 被布になると、話は違う。脇にマチがあり、縫い目にキセがかかる。きっちりと縫い目が隠されているから室内でも着用できる。神社でお祓いを受けるときも、着たままでok。

 商魂たくましいのは結構だが、もうちょっと、何とかならないだろうか。
子供もの

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/382-7bb38f01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。