縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


立春の雪

 昨日は、とても暖かい日だった。
 ラジオでは、今日は寒くなるというのに、その寒さを侮っていたよ。

 雪だ!
 ぼたぼたと落ちる雪が降ってきました。

 まだ、厳冬真っ只中だったんですね。

 
 でも、実は、雪が降ってる日って、以外に暖かいんですよ。
 これで、雪も降らず、蔵王からの吹き降ろしの風が吹き荒んだ日には・・・・・・もうね。
 天気がいいからと、外に洗濯物を持っていって、バサッとやった瞬間に凍ってますがな。
 そんな日は、年に2回もあればいいほうですが。

 次、3月にもう一度ドカ雪が降って、今年の冬もおしまいです。

 暦の上では、もう、春なんですよ。




 ・・・・・・ん?

 こ・よ・み・の・う・え・で・は♪
 
 という歌が耳をついて離れないんですが。
 なんでしたっけ? これ。

 でも、どちらかというと、

 はるなの~に~♪ おわか~れですぅか~♪

 のほうかなぁ。


0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/352-cc4c75be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。