縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


大根を煮た!

 今日は、鶏肉と大根を煮た。
 鶏肉は、塩麹につけて冷凍しておいた。

 さて。
 煮物は苦手だ。
 理由は・・・・・・(ry

 こんどは、楽天レシピで探し出した。
 「楽天レシピ」となっているが、実は、中身はクックパッドなんだな。これが。
 参考にしたレシピはこれだ。
 鶏もも肉と大根の照り煮

 鶏もも肉 300g
 大根 1/2本
 ☆生姜 1かけ
 ☆砂糖 大さじ2強
 ☆料理酒 1/2カップ
 ☆みりん 1/2カップ
 ☆水 1カップ
 醤油 大さじ3

 大根の下茹でって、米のとぎ汁だよねぇ。
 いつもは、米を研いで行ってくれるひわ母なのに、今日に限って、精米どまり。
 これは、やっぱり、大根を煮ろってことなんだろうか。

 下ゆで、20分。
 ところが、何を思ったか、沸騰して少し火を弱めたつもりが、少しどころか弱火になっていて、煮えていない(涙
 なんちゅ、こっちゃ。

 まず、煮汁の分量を量ろうか。
 砂糖大匙2。「強」というので、山盛り。
 水・・・・・・、お。先週、へにゃごんのためにとった出汁が残ってる。これ使おう。
 酒、100cc。
 みりん。みりん? みりんが、ないっ!
 みりんって、なくてもできるものなのかなぁ・・・・・・、と、代用品を考えてみた。
 みりんとは。みりんって、煮切った酒じゃん? 
 ということで、お酒、増量。
 砂糖の代用品だった。という、ラジオを聴いたことがあるので、砂糖も増量。・・・・・・しようと思ったけど、甘くなったらどうしようもないので、あとで足そう。
 醤油。大匙3。
 うちは、関西風で、濃い色の煮物は好かないので、醤油少な目。
 その分、肉に塩麹がついているので、塩は足りるだろ。
 
 それじゃあ、煮ようか。
 しかし、ここでもレシピを無視するひわさんクオリティ。
 お醤油は、最後。と書いてあるのに、全部投入。沸騰したところで、下茹でした大根と鶏肉を無条件で投入。
 
 にえろ~。にえろ~。

 なべの外から、オーラを送りつつ、米も炊き、洗い物もしてたら。
 のこのこと、ひわ父登場。
 
 あ? 時間に早いぞ? こら。

 所定の位置に座り、手持ち無沙汰で飯を待つ年寄り一人。

 早く煮えろ~ もっと早く煮えろ~。

 オーラに、尋常ではない視線も加えて、無言でプレッシャーをかける。
 そんな人の事情などどこ吹く風で、大根はなかなか煮えませんでした。
 冷えるときに味は入るって言うしな。
 味が染みてないのは、ご愛嬌ってことで。

 うーん。
 味は少し甘い目でした。
 みりんを入れたらどうなったんだろうな。
 濃く。ってやつがでたのかな?

 肉は、うまかった。
お料理

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/351-e781d40f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。