縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


柄の配置について

 小紋柄は、大変、裁ち合わせが難しい反物です。
 一番センスが問われ、一番数学的繰りまわしが必要なものでもあり、これがうまくいくと、一仕事終わった気になってしまうものです。

 そして、この、小紋柄の厄介なところは、教わった教室、地域、先生のセンスによって、180度違うことがあるのです。

 私が教わった小紋柄の裁ち合わせは、右後ろ、左前。右肩、左胸。です。
 言ってることは一緒です。
 一番重要なのは、右肩です。
 ここに、一番映える柄を持ってきます。二番目が左前、つまり、左胸です。ここに、2番目に映える柄を持ってきます。
 すると、必然的に、すそから1尺から1尺5寸ぐらいのところに柄がきます。が。柄置きの順番として、右の肩で立てた柄は、必ず、上前の前で寝ます^^;
 そういうものなのです。

 こんな小紋は買ってはだめ。
 という記事があって、よく読むと、前身ごろで柄が寝るのは、着物として、そもそも、反物として失格なのだそうです。訪問着風に仕立てることに苦心している。
 と。
 
 そうなんだ・・・・・・。
 でもさ。
 訪問着って、連綿と受け継がれてきた着物文化の中では、つい最近出没したぽっと出の新人なわけです。
 歴史的には、小紋のほうが古いわけで、どれだけ訪問着様が偉いのかは知らないが、小紋は小紋として、どんな反物でも、素敵柄に配置して着たらいいんじゃないのかなぁ。

 ちなみに、師匠は、いつでもどこでもどんな柄でも、いいところで柄を立てるのは、無理だ。
 と、言い切っていました。
 どうしても右肩で寝るときは、右の背で立てる。
 だめなら、右袖で立てる。

 なぜなら、着物の正式は、帯つきといって、帯を締めたあとに上から何も着ない格好です。
 その状態で、バッグを持ったり、軽く手を前で添えたり、また、テーブルの陰になったり、座ったりで、前身ごろは隠れることが多いのです。
 顧みて、上半身。特に、後ろは、帯を背負って肩辺りは、隠れるものがなく、常に人目にさらされます。
 一番目立つところは、肩回り周辺なのです。

 だから。右肩。
 ちなみに、右肩に一番大きな柄を持ってくると、追いかけ裁ちで、必ず、おくみに華やかな柄がきます。
 そんな理由からも、右肩の柄は、上前の前を犠牲にしても立てるのです。

 ですが、それはそれ、先生が前を立てるといえば、前を立てたほうがいいのです。
 だから、件の「訪問着風に」小紋柄を置くのも、間違いではないのです。
 そこでは、着物文化は上前の前身ごろを重要視するとおっしゃってましたが、そこからして、違うんだもの。裁ちかたもぜんぜん違うのは当たり前なのよね。

 と、納得してるくせに、何で噛み付いたかというと。
 なにも反物そのものを「失敗」、染めたやつを「無知」呼ばわりしなくてもさぁ・・・・・・orz...

 

 
仕事中

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/345-0c029265
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。