縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


古典柄の範囲

 古典柄。と、十把一絡げにいいます。
 こんな古典柄がすき! とか、今時の柄じゃなくて、古典柄にしたい。とか。
 皆さんのおっしゃる、いわゆる「古典柄」の指し示す先を見ると、思わず、言葉に詰まったりするのだ。

 これを、「今時」というんじゃないだろうか。

 総絞りの古典柄です。
 という振袖を仕立てたことがあるけれど、実は、絞ってなくて、変わり織りの、しかも、柄は昔風の花柄ではあるが、色使い、そのデザイン、どれをとっても今風だったorz......

 自分的には、「古典柄」というと、束ね熨斗あたりの、壮大な柄付けだったり、御所車とか牡丹とかの舞い散る臙脂の柄だったりするんだが。
 これは、もしかして、バブリーな古典柄、というところなんだろうか。

 まあ、バブリーな振袖といえば、バラや洋蘭の咲き乱れる、べたべたの箔のついている絨毯柄を思い浮かべるのだが。

 それにしても、振袖のような派手な着物を着るときには、バランスをとって、白半襟が常識的だったと思うのだが、現在は、柄物のカジュアルな半襟に衿比翼を重ねて、装い的には、ちゃんぽんなイメージになっている。
 洋装でいくと、イブニングドレスに木綿のTシャツが襟元から見えているような感じ。

 「古典」回帰もいいけれど、もう少し、目の肥えた呉服屋さんと少しレトロな着付けさんが増えたほうが、着物文化の発展に繋がると思うのです。

 お目汚し、失礼いたしました。

雑談

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/344-1768ab49
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。