縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


七五三の着物についての一考察

 また、と、あるところで見かけた記述ですが、七五三といえども、殿方の正装は羽織必須だそうです。
 必須。
 そうかもしれません。
 殿方の正装は、紋付羽織袴ですから。
 確かに、女の子は、振袖様の袖の長さです。未婚の女性の第一礼装ですから、それでいいわけですが。
 でもさ。
 女の子が着る被布は、礼装ではありません。むしろ、帯を隠すための室内着の普段着です。
 第一礼装に、普段着を重ねるこの矛盾。
 そう考えると、わざわざ、羽織を重ねて、「正式」にする理由がなくなります。
 女の子は矛盾がまかり通って、男の子は道理を通さねばならないことはないのです。

 お宮参りに使った初着に袴を合わせます。
 それに羽織を合わせるとなると、余計な出費がかさむわけです。
 そういう意味でも、あるものですむならそれでいいと思うのだけど、やはり、そうはいかないものなのでしょうか。

 3歳のお祝いは、男の子もするものだと思っていましたが、所によっては、男の子はしないところもあるそうです。
 そして!
 3歳のお祝いには、男女問わず、初着をあげ取りしたものに「被布コート」!! 
「被布コート」!!
「被布コート」?
 別に、コートにしなくても、被布でいいじゃんね?
 それはともかく、女の子は被布、らぶりー♪ ですが、男の子は、袖なしの羽織がいいと思うのです。
 ちゃんちゃんこ、ともいいますか。
 被布は、丸いラインが女の子のふっくらしたかわいらしさを、
 羽織は、縦のすとんと落ちるラインが、男の子のシャープさを表現しているようで良いと思うのですが、今は、「らしさ」というのに、アレルギー的抗原抗体反応を見せる方が多いようです。
 いいじゃんね。
 女の子はおんなのこらしさ。男の子はおとこのこらしさ。人間の多様性というやつです。
 
 さて。
 うちのへにゃごんも、3歳のお祝いをしました。
 といっても、数えですから、実際は、2歳になったばっかり。
 なのに、お宮参りに使った初着では、微妙に前巾が・・・・・orz...

 初めての姪っ子でもあるまいし、そんなに張り切らなくてもいいじゃないか。と、内心苦笑しつつ、正絹の総絞りの羽織をつぶして被布に仕立て直し、どこからともなく引っ張り出してきた一つ身の初着をわざわざ仕立て直して、あげを取り、紐を付け直しました。
 お襦袢はどうしようかなと思いましたが、2歳になりたての小さな子に、ピンクの下着にお襦袢を着せるのは気の毒だったので、下着は却下。さらしで半襦袢を作り袖襦袢を付けました。
 そして、どうしようか悩んだ挙句に、後学の為に、被布飾りを自作しました。
 楽天をさ迷い歩いた挙句に、とうとう、正絹の江戸打ちの安いお店を発見。
 といっても、 10メートルで3000円ほどになりましたが、まあ、とある組紐やさんでは、1メートルで1000円ほどになるので、激安です。
 出来は、冷や汗モノです。
 いいんです。仕立て屋の身内の着物です。

 ちなみに、「仕立て屋の身内の着物」らしく、どう裏は継ぎ接ぎでした^^
 後で気づいたのですが、よくみると、袖の裏に虫食い穴が・・・・・・orz...
子供もの

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/335-e9d8b549
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。