縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


おなかをこわした。

 朝、起きたら、おなかをこわしていた。
 原因は、分かっている。

 昨日の夜、米に水を入れないでご飯を炊いた。
 途中で気づいて、あわてて水を入れた。なべは割れなかったけど、なべに接地していた米は炭化していた。
 そばにあった炭を投げ入れて、そのまま炊いたけど、香ばしいを通り越したニオイがした。

 そうじゃなかったら、昨日焼いたアップルパイを一人で半分ぐらい味見したことかな。

 それとも、昨日、昇段試験があったから、腸も緊張してたのかも?
 終わったー! と思ったら、腸も気が緩んだかも。

 朝一で、トイレにこもって全部出したら、なんだか、痩せた気分。

 伯父の退院に田舎に帰っていた母が、今日帰ってくる。
日記

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/334-e9e335e8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。