縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


へにゃ言宗

 へにゃかかの嫁いだ家は、毎朝6:30ごろ、仏壇に向かって、お経を唱えるらしい。
 この頃は、へにゃごんも一緒のようだ。

 へにゃごんには、へにゃごんが開祖で教祖の「へにゃ言宗」がある。
 真言ではなく、「へにゃ言」を唱えるのだ。
 
 仏壇に向かってお経を唱えているおばあちゃんの隣に並んで、ゴム製のお数珠をビヨンビヨンしながら、
 まず。
「えーっと」
 から始まり、ありったけの語彙を駆使して、
「ととと、かかと、○×△♪*+□~~、で、こっち、~~で、えっと・・・・・・、ぶー~~っで、・・・・・・」

 時々、「へにゃ言」に負けて、おばあちゃんは間違えそうになるそうだ。
 恐るべし。へにゃ言宗。
 


 
メイちゃん

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/333-cbc15ae7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。