縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


かっこ悪い。

 スーパーへ行きました。
 スーパーは、多種多様な人が、目的を同じくして集まるところです。

 つまりは、「買うぜ」

 さて。
 その若夫婦は、赤ちゃんをベビーカーに乗せ、のったらくったら狭い売り場をしゃべりながら歩いていました。その前には、老夫婦が大根を吟味中。ワタクシが欲しいのは、ちょうどその間の、北海道産人参、三本97円!!
 待っていても仕方が無いので、八百屋を一周してきました。
 
 老夫婦は、吟味も終わり、どうやら、大根は不要と判断したらく、次の目的地へ。
 ところが、老夫婦よりもはるかに動作の速い・・・・・・と思われる若夫婦は、ようやく人参の前。牛歩よりもなお遅い歩みで周りを睥睨しながら時々会話もしつつやってくるのです。
 若夫婦の正面から突っ込んだ形になったワタクシは、一瞬、右から回るか左から回るか考えて、結局大回りはやめ、一直線に人参へ突撃。
 すると、若旦那のほうの正面に突っ込む形になり、例の、自分が右を行けば相手も右、左に行けば相手も左。状態に。
 陳列棚ぎりぎりにカートを押し、ぎりぎりで若旦那の横をすり抜けた、その時。

   「頭おかしいんじゃね?」

 人参を吟味した後、肉売り場へ行く途中で振り返ると、奴らは、その売り場をようやく回ったところ。
 このやろ。と思った瞬間。目が合いました。
 一秒はほんの一瞬とはいいません。
 とあるオンラインゲームをしたかたにはお分かりになると思いますが、一秒は長いです。

 のっぽの、なんというか「薄い」人でした。
 薄い、というのは、髪の話ではありません。
 いえ。もしかしたら、髪も薄かったかもしれませんが、昔の少女漫画に出てくる、三白眼の眉毛てんてん、髪を金髪に染めたヤンキーのイメージです。全体的に、なんだか、「薄い」のです。
 人柄も、印象通りに薄い人でないといいのですが。
 この人は、自分の息子か娘か分かりませんが、乳母車できゃっきゃしているそのかわいい子に、「頭おかしいんじゃね?」って言われたら、どうするんでしょうねぇ。
 かっこ悪い人です。
 
 確かに、寝癖のはねた横髪をクリップで留めてましたし、窓全開の車中、髪がかなり乱れているのに気づかずに、相当おかしかったのは認めますが。


 そのスーパーは良く行くところです。
 今まで、同じ曜日、同じ時間帯に行っても、一度もその夫婦を見かけたことはありません。
 目の前に、仮設住宅が軒を並べています。
 あまり言いたくありませんが、そういうことがあると、「だから『仮設』は」と、仮設住宅にお住まいの人たちのせいにされます。たとえ、何の関係も無くても。です。
 その若夫婦は、もしかして、東京から遊びに来た人たちかもしれません。もしかしたら、そこにずっとお住まいの人たちだったのかもしれません。でも。それでも、不都合は、新参者のせいにされます。
 お互いに気をつけねば。と思った出来事でした。

 それにしても。
 私がせっかちすぎるのだと思いますが、どう見ても20代の若夫婦が、のったらくったらやってると、蹴飛ばしたくなります。

 スーパーに何しにきてんの? 
 買い物じゃないの? 
 しゃべりにきてんだったら、ベンチあるんだから、そっち行ってもらえる?
 眺めてるだけなら、商品から下がってもらえないかな?
 っどうみても、健康で体力も元気もありそうなんだから、きびきびしろよ。
 後の爺婆が支えてんだよ! 譲れよ!
日記

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/319-6f1043cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。