縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


幼獣見参!

 小さな姪っ子がやってきた。
 その名も、幼獣へにゃごん。一歳。

 ようやく2語文が出てきたのはいいけれど、話をするのは、寝るときだけ!
「かか あっぱ! かか あっぱ! あっぱー!!」
 アッパー。ボクシング用語で、あごの下から上に向かって繰り出すパンチ。アッパーカットのこと。
 いえ。それとは違って、「お」がまだ難しく「あ」になってしまうんです。

 週末、市の復興夏祭りがあり、わが団地の端から花火大会がきれいに見えました。
 とと、かか、ねね、ばば、へにゃごんと見に行きましたが、そのときのことが、大変、印象深かったようです。
 公園へ行くと、花火が見えた道路へいき、手を精一杯振り回して、
「とと! あっこ! かか! あっこ! ねね、ばば、おー!」
 と、花火見学の様子を、ボディランゲージを交えて説明してくれます。
 かわいい。
 かわいすぎる><、
 ちなみに、「あっこ」のもとは「抱っこ」です。
 とととかかに交代で抱っこしてもらいながら、花火を見ました。そこには、ねねとばばもいました。どーんと花火が上がっていました。

 あえて意訳するとそんなところです。

 そう。
 ワタクシは、まだ結婚していませんので、「ねね」と呼ばせています。
 結婚したら、「伯母ちゃん」って呼んでいいよ^^

 へにゃごんの幼獣ぶりはすごいものがあります。
 なぜか、ねねは、へにゃごんにとって、マブダチの位置づけです。
 遊んでいるときは言うに及ばず、飯のときも、風呂のときも、「ねね! ねね!」とご指名が飛んできます。
 そして、ねねも、調子こいて、へにゃごんの大好きなトマトを奪っては、手品よろしく別の皿において、ほ~ら出てきたよ。と、驚かせているのです。
 へにゃごんも、手をたたいて喜んでくれます。これが、子供だましという奴か!?
 逆に、食べた振りをすると、マヂ切れされます。

 そんなこんなで、へにゃごんの後ろをついて歩いてたら、疲れました。
 子供って、かわいいけれど、手助けが必要なことが多く、どこまで手を出して、どこからが学習になるのかが、私にはまだ分かりません。だって、お母さんじゃないもーん。
 
 そうして、へにゃごんのかかは、ゆっくりのんびりして帰っていきました。

 なんだろう・・・・・・。
 これが田舎の年老いた両親の気持ちという奴か?
 急にすることがなくなった気分です。

 久しぶりに時間が出来たので、ブログめぐりをしてみました。
 なんと! 和裁の通信講座ってあるの?
 へぇ・・・・・・。
 そこで取得できる資格が、「和裁技能士」。
 え。技能士って、そんな簡単に取れるんだ? と思ったら、服飾技能士?

 和裁技能士は、国家資格なので、「和裁士®」とちがって、一般でも受験でき、どこの団体に所属していなくても、取得可能です。が。服飾技能士・・・・・・。学校の独自資格かな?

 プロが、初心者相手の教室に申し込むのは嫌味だろうなと思いながら、どんな教え方をしてくれるんだろうと、興味津々です。
 機会があったら習ってみたい。
メイちゃん

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/301-fe24b903
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。