縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


振袖のお袖丈(単位は鯨尺)

久々の、振袖です。
たいした柄ではありませんが、やっぱり、地色がエンジ系で新しいと嬉しい。

振袖といえば、お袖の長さによって、

   『大振袖、あるいは、本振袖』通称:おおぶり、あるいは、ほんぶり。
   『中振袖』通称:ちゅうぶり。
   『小振袖』通称:こふりそで。

と、3通りあります。寸法にすると、

   「ほんぶり」で2尺8寸~3尺2寸(108㎝~120㎝)程度
   「ちゅうぶり」で2尺4寸~2尺7寸(90㎝~102㎝)程度
   「小振袖」で2尺~2尺2寸5分(~85㎝)程度


なんで、小振袖だけが、『そで』付になるのかは、突っ込まないように。



ワタクシ的には、
「ほんぶり」というと、振り布まで付いた逸品のイメージがありますが、今は、振り布はほとんど付きません。

……売れないだけなのかも?


「中振袖」は、ごく普通の振袖で、少し丈が短いもの。
「小振袖」になると、大正ロマンの女学生が袴に合わせて着ていた、あの、丈ぐらいかなぁ……。
漫画の「はいからさんが通る」の紅緒さんが着てます。多分。あれ。

住み込み時代に、2枚重ねの振袖を縫いましたが、あれを着るには、かなりの体力が必要なんじゃ・・・と、着用するお嬢さんに、激しく同情しました。
お振袖の2枚重ねは、確かに豪華ですが、重いです。


さてさて。
ワタクシが習ったところによると、

   「4尺2寸の身丈で、3尺の袖丈」

折角の振袖なんだから、手を下ろしたときに、地面にすれない程度の長さ。
それ以上短くなると、つまり、

   「4尺2寸の身丈で、2尺8寸の袖丈」とか

は、中振袖の感覚なのです。
そうなると、丸み(お袖の袖口側の袖底に付けるカーブ)も普通は3寸(11.5㎝)入れるところを、2寸5分と、こじんまりしてしまうわけです。

ちょっと、寂しくないかい? ……私は、寂しいわ。

でも、ここいら辺では、

   「身丈4尺2寸に対して、袖丈2尺8寸」

が、普通らしいのです。

うーん。
やっぱり、お袖の長さにも、地域差ってあるんですねぇ。
着物

0 TrackBacks
2 Comments

Comment

>猫のプーさん。
お久しぶりです。
・・・と思ったら、入院されていたのですね!?
お元気になられた、とのことですが、病み上がりは、ご養生ください。

なんというか。
失礼を承知でお尋ねしますが、
プーさん。もしかして、「やってみたがり」なんですね!?
打ち消し線以外が、全部、試されているよう・・・・・・。

そういう私も、メールフォームで自分宛に送信済みですし、
「秘密」のコメントも試し済みですが。

使えるものは、どうなっているのか、自分で試してみないと気がすまないのです。えへへ
と打ち消し線はこんな感じです。
ご参考まで^^v
2006/11/01(Wed) 00:59:25 | URL | ひわ@お見舞い申し上げます [ Edit]

v-39お久でっしゅv-40ちょぼっとまたまた入院しとりました。元気になりもした。v-218ここいいじゃーん!また来るぞよ
2006/10/31(Tue) 10:42:01 | URL | 猫のプーさん [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/3-9fa6eaa6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。