縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


寸法の謎@裄・再び

 myサイズは、身長が170以上あることもあって、1尺8寸5分。
 振り分けで、9寸2分の9寸3分。
 コートの袖幅が9寸5分になるわけで、そんな反物がようやくで始めた時代のこと。といっても、好みの柄があるわけでもなく、コートいっぱいで着物の寸法を決めました。

 さて。
 最近の人たちは、裄がでかいのです。
 とある質問サイトでも、裄が70センチです。とか、ざら。
 70センチ? ・・・・・・って、どのくらい? 74センチでだいたい2尺なので、

 ・・・・・え!? 1尺9寸!?

 寸法違いだ。とか、測り間違ってる。とか、そんな呉服屋やめちまえ。とか、え? そこ? というようなコメントがついていることもあります。
 ワタクシも、一週間ほど前まではそう思っていました。


 高校三年生の姪っ子が、お母さんの小紋に袴を合わせたいというので、相談に乗ってきましたが、この姪っ子、身長163センチにして、裄、1尺8寸5分!!

 ちょw
 ちょっと待ってww
 
 再度、測り直し。どう見ても、1尺8寸5分。
 しかも、右は1尺8寸5分。左は、1尺8寸。
 5分違い・・・・・・orz...
 それでも、手首のぐりぐりが出るんです。礼装で考えたら、それこそ、70センチになる、のか!?

 ・・・・・・・・・

 確かに。
 手足が長く、スタイルがよくなっているとは聞いていますが、日本人も、着物の似合わない体型になりつつあるんですねぇ。

寸法

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/297-28c64b95
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。