縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


和裁におけるクレーム

 知らないから、聞くことがあるわけで、知ってたら、まず聞きません。
 知ってても聞くのは、確認のために聞くのであって、それはクレームとは言いません。
 その結果、直しが発生しても、それはクレーム(苦情)ではなく、お互いの意思疎通の結果です。

 だから、聞いてください。

 寸法が違う、柄の雰囲気が違う、これは何でこうなってるのか?
 自分が知っていたものは、これとは違った。
 なんでこうなった?

 和服の元は、反物です。
 なが~い一枚の、幅1尺弱の布が3丈3尺分、まき棒といったり、芯棒といったり、すす棒といったりしますが、ボール紙だったり、発泡スチロールだったり、木製だったりする棒に巻かれています。
 呉服屋さんって、すごいんです。
 その、長~い、一枚の布を、伸ばして畳んで巻きつけて、まるで、本当に着ているように見せかけるのです。

 でもね。
 本当に着ているわけではないので、柄の出方が必ずそうなるとは限りません。
 イメージ違いというのは、そういうところから始まります。
 また、反物の時点では、「あら素敵!」と思っても、仕立ててみると、「なんか違う」というのはよくあることです。それは、縫込みによって柄の出方が違うからです。
 前身ごろは、両端1寸~2寸ほど縫いこまれてしまいます。反物の柄が出るのは、布の中心、幅三分の二程度です。七三で染め分けてあったら、ほとんど縫いこみに入って、表には出ないこともあります。
 また、裁ち方も縫製所によって、スタンダードが違います。
 鏡あわせの多い地方と、追いかけ裁ちが標準の地方では、柄の出方は随分違います。

 逆もあります。
 反物で見たら、いまいち、どうなのかなぁ・・・・・・。
 色もケバいし、柄もなぁ・・・・・・。でも、せっかくもらったから、仕立ててみようかなぁ・・・・・・。
 というものが、着物の形になったら、あらっ! ぜんぜん、イメージが違うわっ! 
 こんな帯はどうかしら。あの帯揚げを合わせてみようかしら。
 と、妄想・・・・・・じゃなくて、想像がひろがるわけです。
 それが着物の醍醐味です。

 なかなか、フレンドリーに口の利きにくい呉服屋さんかもしれませんが、聞いてください。
 この季節、


   あ な た の 知 ら な い 世 界


 が、広がりますよぉ・・・・・・。ふっふっふ。

 
雑談

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/292-291aaaca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。