縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


あいぎ

お単衣でも、「薄物」と「合着」がある。


 と、書いた。
 
 合着 と、書いて、あいぎ と、読む。

 実は、「あいぎ」とは、「間着」と、書くのが正しいらしい。
 ところが、常用漢字では、「間」を「あい」とは読まないなので、「合着」と、表記されるようになったようだ。が。

 これも、地名や人名のように、一つの言葉として認めてもいいんじゃないか。
 でも、染屋さんでも、呉服屋さんでも、いまや、「あいぎ」なんていわないから、一般化されていない=ちゃんと読みなさい。ってことになるのかしら・・・・・・。
雑談

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/277-91a0a900
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。