縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


おくみが逃げるっ!

 まだ、お弟子さんの頃。

 着たときに、褄下が下がるんです。
 直してください。


 と、いう直しの依頼がありました。

 はぁ。
 
 呉服屋さんいわく、

 着たときに、この着物だけが、おくみの裾が体から離れていくんです。
 他の着物を着ても、そうはならないけれど、この着物だけ、褄下が膝に沿わないんです。
 
 はぁ。なるほど。

 他の縫製所や専門学校で直してもらったが、どうやっても直らず。
 専門学校の先生たちが、一所懸命考えてくれて、あーでもない、こうでもないとやってくれて、
 直りましたよ。と、一度は納品したんですが、お客さんから、再度、同じ依頼。
 やっぱり、体から離れていくというか、沿わないというか。

 着方が悪いんですかねぇ。

 と、お客さんに言われたが、そこで、「そうですね」とはいえなくて、とりあえず持ち帰ってきた。
 直りますか?

「そりゃ、着方が悪いんじゃないですか?」
 と、先生と奥さんもいえなくて、はぁ、そうですか。と、受け取った。

 参考までに。と、今までされた直しを聞いてみたら、
「結局、衿の始末が悪いということになって、そこを直したら、体に沿うようになった」

   衿の始末は、身頃側の衿に入るおくみの縫込みとおくみそのものの始末。
   無理のないように畳んで、綴じる所もあり、綴じないでそのまま、衿とじをするところもあり。

 ということで、納品されてきたそうだ。なのに、お客さんに納品したら、元の木阿弥。
 これは、誰が聞いても、お客さんの着方・・・・・・げふんげふん。

 さて。
 あらゆる方法が試され、着付けの仕方も悪くないのに、その結果であるということは、生地が体に沿わないものであるということも考えられるわけです。
 例えば、安い化繊であったら、妙な張りがあって、生地自体が独立独歩しちゃって、馴染まない。というのもあります。
 こればっかりは、仕立て屋でも着付け教室でも直りません。
 
 それも考慮に入れつつ、呉服屋さんは持ってきたわけですが、もって来たということは、呉服屋さんのなかでは、直る前提が、きっと、あったんでしょうねぇ・・・・・・。

 結局、どうやって直したかは分かりません。
 とにかく、衿の始末が悪いんだろ? そこ直しとけ。
 という、先生の言葉を聴いたような聞かないような。
 そんなもん、着方だ! と、最後まで豪語されていた先生は、後日、件の呉服屋さんに、

「先生! ありがとうございました! ちゃんと着られたそうです!」
 
 の言葉に、「着付けが上手くなったか」と、ぼやいていたのをわたしは忘れません。

 さてさて。
 人事のように思っていた、褄下が体から離れる現象w
 ○年前、役所でやっていたワンコイン着付け教室で、体験できました^^

 ピンク色の雲取り、正絹の小紋でしたが、前、数回はちゃんと着付けられたのに、その日に限って、何度やってみても、おくみが体から離れていくのです。
 まっすぐ立っている分には問題なく、普通に着付けられているのですが、膝を折って屈んだとき。
 いつもなら、すっとひざ下に回りこんで足に沿うようになるのに、そのまま、すとんと床に直撃。
 腰紐の位置が悪いのか。
 上前の回り込みが浅いのか。
 下前の褄をちょっと上げてみたり、少し背を回してみたり、オハシヨリの始末であっちを引っ張りこっちを引っ張りしてみたけれど、何故か、直らず。
 仕方がない! と、着なおしてもダメでした。


 これのことか!!

 結局、何が原因だったのか分かりません。
 
 ・・・・・・、お天気かなぁ・・・・・・?
 
弟子の頃

0 TrackBacks
2 Comments

Comment

Re: No title

ほんとに、不思議でした。
衿先を少し入れ込んだら、褄下が上に上がってくるので、それで沿うかな。
上前を少しまわして打ち合わせを深くしたら、生地が外側を回り込むから、どうかな。
って、思ったんですが、何がどうなってそうなるのか、無駄な足掻きでした。
それは、そのときだけです。今は、普通に着られます。
お師匠さんに笑われそうです。
「着付け練習せい!」って^^

表と裏の相性ってありますよね。
こればっかりは、仕立て屋ではどうしようもないことですが、出来上がりを見たら、泣けてくるものがあります(ホロリ
「なんで、こんなの選んじゃったんだよぅ」。

知恵袋なんかを覗いていると、海外縫製も捨てたものではないらしいですよ。
程度の問題なのかな。と、あきらめています。
でも、仕立て付きというのはどうなんでしょうね。
おそらくは、専門学校などの、1,2年生が縫ってるんでしょうけど、安すぎます。
形になっていれば、着付けでなんとでもなるところです。
近所の踊りをやっている方の迷言です。
「反物のままじゃ、着られないでしょ?」
・・・・・・まあね。

そんなところもあれば、1㎜の誤差も許されない呉服屋もあるそうですよ。
それもまた、それだなぁ・・・・・・。
1㎜違うと、着られなくなるとでも?
仕立て屋の腕がいい証明にはなるかもしれません。

2013/05/08(Wed) 16:26:52 | URL | ひわ [ Edit]

No title

不思議なことがあるものですね。

私はまだ経験していませんが。

私が一番泣かされたのが、ペラペラの縮緬にゴワゴワの化繊の胴裏、裏と表が馴染まずに、袖が膨らんでしまうのです。

お客さんの持ち込み品だったので、呉服屋さんも納得してくれましたが、到底きられなかったと思いますよ。

仕立て代、どぶに捨てるようなものですが、こちらとしては割り増し料金を貰いたいくらいでした。

今なら初めから説明して断りますが。

話は変わりますが最近またヤフオクをのぞくようになり、未着用の着物や帯が出るわ、出るわで、我々の商売が暇なのも無理はありません。

反物も仕立てつきが多く、海外仕立てですが、素人には違いが分かりませんよね。
柄合わせがめちゃくちゃで、後悔したという話も聞きましたが。
2013/05/04(Sat) 10:57:38 | URL | ちあき [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/268-4f4ae764
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。