縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


開花宣言。

 庭の白梅が、少し照れながら咲き始めました。
 五輪は軽く超えたので、開花宣言です^^

 梅だけどね。

 福寿草もつぼみを一杯つけて、待っています。
 スミレは・・・・・・、最近、見ないなぁ・・・・・・。



 スミレといえば、犬の散歩コースに咲いていた、白いスミレ。
 大変残念なことに、その、里山が、今、崩されていきます。

 海側のかさ上げのために、うちから見える北側の山と南側の山が、ここ数日のうちでハゲ具合が加速しています。
 津波の被害にあわれた方には、言葉のかけようもありません。
 その為に、内陸部の山が削られるのは良く分かりますし、必要なのでしょう。
 でもね。
 そこに棲んでいた動植物はどうなるでしょう。
 人の利害と自然の理。

 難しいバランスです。

 それでも、落ちた種からは芽が出て、花は咲くんです。
 せめて、スミレの花を見るまで、その山はあって欲しい。

 ワラビは、諦めたけどね。


0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/261-734ca28f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。