縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


身丈直し@長着

 身丈を直すには、2通りあります。と、以前、書きました。

1.あげに入れる。
2.裾を、切る!! スパッ


1.あげに入れる。


  これが、王道です。
  
  手順として、あげを解きます。
  「あげ」ということは、おくみも解かないとダメです。
  おくみを解くということは、まず、衿を解かないと、解けません。
  袷であれば、綴じも解かないとダメです。また、胴接ぎで出したり入れたりしますので、胴接ぎも解きます。
  胴接ぎで調節するということは、胴接ぎから上のおくみも解かないとダメです。
  胴接ぎから上のおくみを解くということは、当然、衿をまず解かないとダメです。
  身丈を調節するということは、褄下(=衿下)も変わってきますので、そこもあげたり下げたりします。
  すると、衿の長さも変わってきますし、衿付けの斜めも角度も変わってきます。

  つまり、およそ半分は解いてやり直すことになります。

2.裾を切るのは簡単です。


  裾をスパッと切ればいいのです。
  それだけです。
  ・・・・・・。
  そう思ってませんか?
 
  10cm、短くしてください。スパッと裾切っちゃっていいから^^

  という、ご依頼がありました。

  いえ。スパッと切っちゃうと、褄下(=衿下)も10cm短くなるんですが。いいんですか?

  いいんです。
  気にせず、スパッといっちゃってください。

  ・・・・・・、そうですか。それじゃあ。

  といって、スパッとやると、八掛が1尺ほどになることに気づき。
  何だよ! これ! だめじゃん。これじゃ!

  表はスパッと切りましたが、八掛は持ち上げるために胴裏を解き、おくみを解き、衿を解き・・・・・・
  ・・・・・・!? あ!?

  衿が四つ縫いしてありましたorz...
 
  四つ縫い、とは。
  4枚一緒に縫うことです。
  つまり、表の衿、表の身頃、裏の衿、裏の身頃が4枚一緒に・・・・・・orz...
  すなわち、裏の衿を解くと、必然的に、衿すべてが解ける仕掛けが・・・・・・!?
  何の罠だよ!!

直し

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/240-0caacd98
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。