縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


振り布

右前袖付け・振り布
余談ですが、このお振袖は、さっちゃんの成人式の時のもので、
さっちゃん自作です。そして、これが、初めての振袖のお仕立てでした。

手伝ってくれねぇ。と泣きを入れられましたが、
自分でやれ。と、あえて、手伝いませんでした。

「あの時、手伝ってくれなかったよね」
と、いまだに恨み言を言われますが、
一つも、他人の手が入っていないお振袖は、
ささやかながら、彼女の誇りのようですよ。

ま。
初めてで振り布付って言うのは、かなり、大変だったと思いますが。






え? 私ですか?

ええ。ええ。よく言われますよ。

   鬼畜。

ってね。
仕事中

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/207-7f54296f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。