縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


天から降ってくるもの。

天から降ってくるものは雨だけとは限りません。

梅のころには梅が、柿のころには柿だって降ってきます。
栗の熟すころになると、ぱちん! とはじける音がして、がさがさっと物音がすると、栗の実が落ちてきます。
やしの木があるところでは、椰子の実が落ちてきて、直撃するとお亡くなりになっちゃったりもするそうです。とっても危険です。

ワタクシの住まう日本の東北地方では、そんなでかくて硬い実のなる木はありませんので、ちょっと安心。


さてさて。
里山のふもとの道を、犬と歩いていると、ぼとっ! っという、蛙が落ちてきたときのような派手な音がするのです。
林の中に落ちていくので、何が落ちたか見えません。
  
   なんだろうね。

と犬と顔を見合わせて、てくてく歩いていくと、とうとう、そいつの正体が!!
ごっと風が吹いて、ざわざわっと頭上の木々が揺れて、数メートル先に、
緑の色も鮮やかな、

   毬栗(いがぐり)がっ!!
   ↑こんな色。

危険だっ!

死にはしないけど、そんなものが頭の上に直撃した日には・・・痛いこと、間違いなし。


上をうかがいながら、戦々恐々と歩く、日暮れの散歩道であったことよ。


0 TrackBacks
2 Comments

Comment

No title


>ちあきさん。
青い栗は、中まで熟して無いのでおいしくないですよ。栗の追熟っていうのも、聞いたこと無いです。するのかなぁ??
樹木に淘汰されちゃった結果、落ちてきちゃってるので、あんまり食べないほうがいいのかも。

今日は、葛の花が散っていました。ミンミンゼミの声も聞かないうちに、ツクツクボウシが鳴いています。
もう、秋ですよ。
2006/08/24(Thu) 01:18:00 | URL | ひわ@いがぐり [ Edit]

No title

うちの近くにも栗の木のあるお宅があって、やはり青い毬栗が道に落ちていますね。

先日娘婿が珍しがって拾ってきました。

たしかにおでこを直撃されたら痛いでしょうね。

私は髪の毛が多くて硬いので、頭は普通の人より痛くないかもしれませんが・・・・・

青いうちに落ちてしまったら、もう食べられないんでしょうか?
2006/08/22(Tue) 18:30:00 | URL | ちあき [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/197-0c6d2f1f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。