縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


着物・和服・呉服。

「着物」というと、今では主に、「和服」つまり、日本の伝統的民俗衣装を指して言いますが、「着る物」とかいているのに、なぜ、和服限定なのか?



無造作に、「着物」「和服」「呉服屋さん」と呼んでいますが、一応、謂れがあるわけです。


そもそも、「呉服」とは、「呉」の国から伝わった織り方で織った絹織物、「布」のことで、「くれはとり」と読むのです。これが、音読みになって「ごふく」となるわけです。
つまり。
「呉服」とは「服」のことではなく「反物」のことで、
「呉服屋」さんとは、「服」を扱うお店ではなく、「反物」を扱うところ。となるわけです。

「着物」は、読んで字のごとく、で「着る物」をさします。
和服限定ではなくて、洋服も和服もコスプレもぜーんぶひっくるめて「着る物」なんです。
ところが、明治以降、西洋からブラウスやスカート、ズボンといった、西洋風の「着物」が入ってくるわけです。
何もかも、ひっくるめて「着物」じゃあ、ややこしい。それじゃあ、ってんで、西「洋」からきた「服」なので、「洋服」と呼びましょう。
それに対して、日本の民族衣装を言うときには「和服」と呼びましょう。


だからね。
「着物、大好き!」とか「I love 着物!」とか言うのは、厳密にはちょっと違うので、敢えて言うなら、
「和服、大好き!」とするのが本当なんだろうな。と、余所見をしながら思ってみたり。


   何、こだわってるんでしょうね。
   くだらないことに、いちいち目くじらを立てたがる年頃なんです。


こちら「和服」に詳しいので、気になる方は、参考にどうぞ。
仕事中

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/183-04b8ca36
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。