縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


一年で一番長い日。

今日は夏至です。
「夏至」とは、一年で、一番長い日です。
「一番長い日」とは、昼の時間が一番長いのです。
決して、日照時間のことではありません(←かつて、自分が間違っていた)


お友達のブログで、蛍の写真が、心霊写真さながらにアップされていました。
ああ、もうそんな季節なのね。
と思いながらも、そのときは、蛍も寒さのあまりに飛び出せないだろうという気候で、今日まで待ったのです。

今日はいろいろ、内輪であったので、気分直しに、家人を誘って蛍狩りに行きました。

   湿度は十分。気温は・・・、微妙に肌寒いです。

歩いて10分ほどのところで、2年ほど前までは田んぼが広がる谷間でした。が、今は、造成されています。

   こんなところに家なんか建てても、日当たりが悪いから、そのまま田んぼにしておこうよ。

と勝手な提案を心の中でしつつも、大きな声ではいえない小心者です。


例年ですと、
貯水池の脇を通った突き当りを左に折れると、側溝にそって、蛍が乱舞しています。
今年もそのルートでひょい、と折れると、ほよほよと漂う、蛍一匹。

・・・蛍・・・一匹?

今年は気温が足りないから、蛍、少ないね~?
と、家人を振り返ったら、その向こうに、蛍乱舞!!

   そういえば、1週間ほど前に、結構きつい雨が振ったっけ。
   あれで、卵が流されたのか?
   いや、流されるといえば、さなぎ?
   それとも、そこの温度が温かかったのか?  

雄と雌の違いは、飛び方(雄は飛ぶ、雌は飛ばない)にもありますが、ひっくり返してみると、発光部分が、雄はライン状に一節。雌は、お尻の先っちょまで、二節が光ります。
ついでに、雄よりも雌のほうがガタイが・・・いや、体がでかいです。

今年も目の保養をさせて頂きました。

今年も半分。
残りがよい日々でありますように。


0 TrackBacks
8 Comments

Comment

No title

>ちあきさん。
本当の「蛍の里」で、ようやく、飛び始めたそうです。
蛍の放流(?)もいたるところでなされているようですが、後々の管理が行き届かないのでなかなか根付かないようです。
せっかく天然蛍なのに、年々少なくなるのが寂しいです。
来年は、飛ぶのかな~。
2006/07/01(Sat) 01:03:00 | URL | ひわ@出不精 [ Edit]

No title

いきたいです~!!!

両親は富士の裾野の農村の出身なので、蛍の飛び交う風景は見慣れたものだったのでしょうが、今や何処にも蛍なんていません。

すっかり開けた代わり、情緒は失われてしまいました。

是非是非、ご一緒させてくださいまし
2006/06/29(Thu) 21:29:00 | URL | ちあき [ Edit]

No title

>ちあきさん。
終戦直後! 時代を感じますね。
そのころは、きっと余計な街灯なんかも無かったんでしょうね。

機会があったら、もう一度、見に行きましょうよ。乱舞。
数年前まで、近くに、山に上がっていくお寺があるんですけど、その道の両側に、沸き立つようにして蛍が飛んだんです。
感動ものです! いきましょう! さ、さ。
2006/06/29(Thu) 11:36:00 | URL | ひわ@ビバ!蛍! [ Edit]

No title

蛍ですか~。

ほんの小さい頃、母の実家にいったとき、近くの川で一度だけ蛍の乱舞を見ました。

当時は終戦直後で、勿論街灯もなかったのでしょうが、暗い中で飛び交う蛍の光をおぼろげに覚えています。

私の故郷は伊豆の漁村で、蛍なんて見たこともない人が殆どでした。

次に蛍を見たのは銀座のソニービルで、20年ほど前にわざわざ見に行きましたが、もう一度蛍の乱舞する川を見てみたいです。
2006/06/27(Tue) 21:46:00 | URL | ちあき [ Edit]

No title

>蓮花さん
先走っちゃった。こちらこそ、ごめん。
そのさなぎは、光ってた?

造成終わって、家が建ったら、生活廃水ががんがん入ってきて、カワニナとか、いなくなっちゃうんじゃないかと、心配。
この辺に住んでても、ここに蛍がいることは知らない人が多いのだ。
下水道は整備されているはずなのだが・・・。
2006/06/26(Mon) 19:35:00 | URL | ひわ@フライング・再 [ Edit]

No title

ご、ごめんなさい
羽化する瞬間じゃなくて、はっぱにさなぎがくっついているのをいくつか見たことがあるっていうだけなのです。

造成憎き!
でも造成すんで数年たてばもどってくるのでは?
(下水道整備されてれば・・・)
2006/06/25(Sun) 22:10:00 | URL | 蓮花 [ Edit]

No title

>蓮花さん
貴重なシーンを見たのね。うらやましいわ。

蛍は幼虫も光るんですってね。
その蛍の繁殖地は、幾重にも葉っぱが生い茂って、水面が見えないのです。
造成の影響かなー。今年は、少ないです。
2006/06/25(Sun) 17:56:00 | URL | ひわ@『火垂るの墓』が怖い [ Edit]

No title

心霊写真ですかい

蛍のさなぎは水中からでてきちゃうんだよ?
それは見たことがあるから知っているのだ。
乱舞うらやましい限りです。
2006/06/23(Fri) 19:33:00 | URL | 蓮花 [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/181-c1459088
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。