縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


四つ身のアンサンブル

四つ身4
四つ身4 posted from フォト蔵
着物をたたんだところ。
子供ものは小さいし、揚げがあるので、夜着たたみにします。
裾を右手に持って手前(下前)からたたみ、内に入る紐は、身やつを通して背中に回します。
上前を重ねてきて、余計なしわを入れないように、揚げの位置を確認しながら3つ折、寸法によって4つ折にします。
裾が内側、衿が上になるようにたたんだら、紐を背中で程よくまとめて、
男の子なら黄緑色、女の子はピンクの2本取りで紐を止めます。



四つ身3
四つ身3 posted from フォト蔵
写真ではわかりませんが、この地色がこれまたいい色で、しっとりはんなりのえもいえぬかわいい色なんです。
で、写真でもわかるように、この明らかに出来合えの被布飾りが異様に目だって仕方がないのです。
うむむぅぅぅ。
別誂えにすると倍ほどもお値段が張る飾り紐。
道中着の飾り紐は自分で組めるのでいいけど、被布飾りはふさふさがつくので、難しいのです。


四つ身
四つ身 posted from フォト蔵

何でもいいけど、何でこんなに写真がへたくそなの?
写りわるっ。あんまり、参考にならないかも。

バックの余計なところは見ないように。さて。
被布は、普通、被布飾りのところにだけスナップをつけて、縦にはつけません。
でも、動きの激しい子供ものにはつけてもいいのかな。なんて思ったりもして。

これのお仕立て代がまた、難題。
しょっちゅうあるものならば、これくらい! と算盤もはじけるのですが、滅多にないもので、だからといって、値段を高くするとそれこそ着てもらえない。
かといって、自分の付加価値は認めてほしい!

   よその仕立て屋にできるもんなら持っていけ(←鼻が高いだけ)。

でもあんまり、高くすると、今度は仕事干されちゃうかも・・・。

うーむ。うーむ。

結局、
   被布、1万2千円。
   四つ身着物1万5千円。
   肩上げ2千円、
   身揚げ3千円。
で、手を打ちました。というより、手を打ってもらった?(笑)

・・・これでも、縫うにしたらたいしたことなくて、
そもそも被布なんて身丈1尺5寸(鯨尺)程度なのだから、できる人に縫わせるときっと、半日足らずで縫っちまうんだろうな。
ぬぬぬ。
それをこんなお値段でいいのか?
これは、世間で言う「ぼったくり」ってやつじゃないのか?

   ・・・いやいや。付加価値だよ。付加価値。
   誰にでもできるもんじゃないんだよ?

と、自分で慰めてみる。

人には甘く、自分にはさらに甘いひわさんであったことよ。
子供もの

0 TrackBacks
2 Comments

Comment

No title

>ちあきさん

ようこそ、いらっしゃいました。
同業者さんの書き込みは、ものすごくうれしいです。

被布は、そんなに難しくないので、チャンスがあったら、やってみてください。
コートと羽織が縫えたら余裕です。都衿や千代田なんかに比べたら、雲泥の差です。出来ます!
・・・たぶん。

直しは、本当に手間がかかるわりに、縫い賃がもらえないです。ってか、もらいにくいです。
解いて、筋を消して、へらを入れなおして、縫い直して、さらにしわを消して・・・。
でも、実際直す範囲はちょっとしかなくて。
お客さんは、これぐらい、たいしたこと無いだろう。と思われて、持ってこられるようですが、水面下の苦労をさりげなく知ってほしいと思う今日この頃です。
2006/05/31(Wed) 21:47:00 | URL | ひわ@天狗 [ Edit]

No title

初めてお邪魔します。

愉快なブログ、楽しく読ませてもらいました。

同業者のちあきです。
実は私まだ被布は縫ったことがないんです。

もし頼まれたらそう言って断ります(笑)

お仕立て代、料金表に明記してあるものはいいんですが、直し物は難しいですね。

正直言って割が合わないと思いますが、これも仕事のうちですから。

時には一枚縫うより時間がかかることもあり、幅出ししたところの前の筋が消えない・・・・

被布は誰にもできることじゃないんですから、付加価値大賛成です。
2006/05/31(Wed) 15:27:00 | URL | ちあき [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/175-d782d65a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。