縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


羽織からの仕立て替え(単位は、鯨尺)。

今度は、おばあさんの羽織だったものを、お孫さんの四つ身のアンサンブル、被布と着物にします。
被布はお袖をつけてもいいのですが、個人的には子供物の被布にはお袖はつけないほうがかわいいと思うのです。
とはいえ、それもこれも、用尺あってのもの。

3歳で大体、着物の着丈が2尺ぐらい(鯨尺)。被布が1尺5寸(着物の着丈-3寸~5寸)くらい。
袖丈は1尺7寸とありますが、それ以上長いと引き摺りますよという意味ぐらいに捉えて、あるだけいっぱい。

さて。どうしよう。

羽織は前落しが落ちています。前落しとは、前身ごろの羽織の襟がつくところが2寸5分~2寸7分ほどの幅で切り落とされていることです。
コートや道中着も同じように落ちています(まったく同じではありません)。
普通、四つ身の仕立ては、後ろ身頃の背縫いを2寸ちょっとで切り落とし、衿に使いますが、羽織はもともと前落しの落ちている前身ごろを、四つ身の後ろ身頃として使います。
で、一幅で使える元の後ろ身頃を前身ごろとして使います。
四つ身の前身は、おくみがつまみおくみになるので、一巾でないとどうしてもだめなのです。
羽織のマチだった部分を天接ぎで四つ身の衿にします。
お袖はそのままお袖に使いましょう。

以上着物。

あまったのは、
・袖口
・身丈で長すぎる部分を切り落とした余り。
・羽織の衿。

これでは、肩山で接ぎを入れることになるので、ちょっと考えました。
身揚げを取る位置で接げたら尚いいわね。

そこで、最初に着物としてとったもともとの羽織の肩山を被布として取ってみました。
長すぎるので、切り落とす部分が前より長くなります。
で、羽織の衿を肩山にして計算すると、丁度身揚げの部分で接ぎが入れられそうです。

要注意なのは、一番外に出るもの、人目につくところはシミやスジのついていない綺麗なものを持ってくること。

被布:
袖なし。
身頃⇒元の羽織の肩山から必要分。元羽織の前身ごろが新被布の後身頃。

たて衿⇒一幅の前身ごろで、被布のたて衿を切り落として使用。
マチ⇒元羽織の袖口。
被布衿⇒残り布

着物:
袖⇒元羽織の衿(一巾)。
身頃⇒元羽織の袖を肩山になるように被布の身頃を取った残りを接ぐ。元羽織の前身ごろが後身頃。
おくみ⇒つまみおくみ(元羽織の前身ごろが一巾なので、つまんでおくみに見立てます)。
衿⇒元羽織のマチ。

忘れてましたが、上記、お単衣の場合です。

袷の時は、
別に胴裏、紅絹裏(もみうら)の方がかわいいと思うのですが、普通の胴裏でも問題ありません。
それから、八掛けもつきます。
子ども用に染められたぼかしか、あるいは通しの八掛け。
もしくは、表の布が引き返しで褄下よりも上にくるようなら、共八でもかまいません。
子供もの

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/173-da4ab7e6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。