縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


しつけの大きさ。

基本的に、うちでは、7~8分(鯨尺)が標準です。
が。
全国的には5分(鯨尺)が普通のようです。

5分では、小さすぎて糸がつりやすいのと、所詮しつけ。どうせ取るのに丁寧になんてやってられっか。と言う、内部事情が絡み合って(?)大きめなのです。
余談ですが、↑ワタクシが勝手にこじつけたわけではありません。

さて。このしつけ。ぞべ。とも言いまして、
一年生の時に運針とくけがほどほどに出来るようになったら、次に習うものです。
その極意は、
1・まっすぐ
2・均等に
3・糸を継がずに
4・つらせたらヌッコロス。

と言うぐらい厳しいものです。

ワタクシ一年生の頃を顧みて、初めて入れた掛け衿のしつけ。
上の人に、もっていったら、一目で、
「ここ。曲がってる。これとこれとこれ。大きさ違うでしょ?これは大きいけど、こっちが小さすぎ。直してきて」

ぐうの音も出ませんでした。
疑いの目を向けると、さしを持ち出し、測って見せられ、ほらね。と居丈高に現実を突きつけられたのです。
いや。まじで。職人の目って、すごいね。

さて。時が流れて、
ワタクシ五年生の頃。始めて受け持った一年生に運針としつけの入れ方を教えたときのこと。
持ってこられた掛け衿のしつけ。

「ね。ここ、曲がってるでしょ? これとこれの大きさは一緒? 出だしと終わりが違いすぎるでしょ? 糸もつってる。はい。直して」

はっと我に返りましたよ。5年。十把一絡げに5年と言うけれど。
我ながら、たいしたもんだ。はっはっは。

教える立場としては、かなり厳しかった方なんじゃないかな~。
一年生に教えるのは、とてもとても難しいです。


いずれ、自分ひとりでやるようになると、どうしても甘えが出てしまう。
すると、このぐらいいいか。とだんだん、仕事が粗くなるのです。
それは、私だって例外じゃありません。

最初から、なあなあな仕事していたら、独りになったときに困るのは、私ではなく、教えられた生徒さんな分けです。

どうせ、荒れていく仕事ならば、一番最初のスタートが最高の水準であれば多少手が落ちてもましでしょ。
と、
私を指導してくれた上の人が、おっしゃっていました。

人を教えるのは、本当に難しく、責任の重いことです。
仕事中

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/171-eadf03de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。