縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


羽織からお襦袢の仕立て直し。

お袖は半無双にします。

袖口はそのまま袖口に。
マチの部分を、振りにします。

あるいは、胴裏に、袖口と振り布をつけて、袖無双にします。


羽織の衿だった部分をたて衿に。
前巾は、前落しが落ちているので、全体に狭くなりますが、
その分、いっぱいいっぱいでたて衿を取ります。
一巾、3寸上がりあれば、なおいいです。


お襦袢の衿は、さらしで。

肩明きは、丸く落ちているので、お単衣でも力布はいりません。

長いときは、揚げを取って、裾返り3寸(鯨尺)。
襦袢

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/170-96bbfeed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。