縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


裁ちきり身丈

着物の身丈とは、たとえば鯨尺で4尺3寸希望だったとする。
4尺3寸あれば出来ると思ったら、大間違いだ。

出来上がりの身丈に+するところの、

肩からであれば、詰まり代5分。
背からであれば、詰まり代1寸。

加えて、

肩からであれば、繰越一個分。
背からであれば、繰越2個分。

をそれぞれ足した寸法ないと、好みの身丈には出来ない。

例えば、出来上がり身丈、肩からの希望で4尺3寸。繰越5分。であるならば、

4尺3寸(出来上がり身丈)+5分(繰越一個分)+5分(詰まり代←裾の縫いこみ込み)=4尺4寸

出来上がり身丈に1寸も長い裁ちきり身丈必要なんです。

で。

ここからが本題で。
縫える。
というお客様がいらっしゃいまして。


前揚げにたくさん入れるともたもたするので、あんまり入れてくれるな。
裁ち切り、このくらいで。

と、なぜか、裁ち切り身丈を指定されてきました。
が。しかし。
上記のように、必要分を計算して差し引くと、なんと、揚げが4分。
つまんで2分しかない。
こりゃ、もたもたするよりも、おかしいって。

そもそも、「揚げ」とは、裾が擦り切れたら、弱った部分を切り落とし、内揚げからその分を出して、末永く着るためのもの。
いらないなら、いらないけど、あったら、何べんでも対丈になるまで縫い直しができるという優れもの。

やっぱり、一寸はあったほうがいいと思うのです。
仕事中

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/169-7652239e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。