縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


お袖丈や巾直しをお考えの皆様。

私も、うっかりしていたのだけど。

一度、あわせて着る着物と襦袢を確かめてみましょう。
セットで仕立てたものならば尚更、どちらかの用尺が足りなくて、それに合わせて狭くなったり短くなったりしている場合があります。

その場合、片方だけを直してしまうと、寸法がばらばらになって着用不可になることもあります。


直したい場所の縫込み(縫い代)、袖底なり振りなりを手で触ってみましょう。
布一枚分の段差は、結構わかりやすいですよ。

自分で出したい寸法を予め見ておき、
その寸法あるかどうか、ある程度はプロでなくてもわかります。

布には「耳」という織りの違う端っこの部分がありますが、
ここは、表には出せませんので、その分、布巾自体が狭くなります。
その分差し引いて希望の寸法よりも5ミリほども余計にあれば出るでしょう。

先日、うっかり安請け合いしちゃって、焦りました。
布巾が左右のお袖で違ったらしく、右の縫込みは2分ほどもあるのに、左の縫込みはない(耳で縫ってあった)。
それもこれも、ほついて見ないとわからなかったことなのだけど、

6分出しの希望で、2分しか出ない、いや、片方は耳で縫ってるじゃないか!!

とわかったときの、顔面蒼白。
幸いにして、袖口側で微妙にキセが多かったのと、
非常に伸びる生地だったので、根性で伸ばしました。

ぎりぎり出たけど、心配事は、伸びたものは詰まるの法則。
一回着るぐらいは大丈夫と思うけど・・・。


教訓。わかりきったことでも確認は大事。石橋は、叩き割るつもりで。
直し

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/168-eec5a305
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。