縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


サンタクロースの謎。

数年前に、母が一目ぼれして購入してきた、通称「ダンシング・サンタ」
本名「シェイキング・サンタ」。

音に反応して、腰振りダンスを披露する、サンタクロースの人形だ。


そのでっぷりと張り出した腹、通称「ビアダル」をみて、
ふと思ったの。


   スレンダーなサンタクロースって見たこと無いよね。


サンタクロースの原型って、確か、義賊の神父さん。
いや、義賊ってのは、甚だ誤解のある言い方だけど。
彼は、自分が食うにも困る状態だったはず。ってことは、やせ細っていた。と思うのだけど。

聖人に格上げになったときに、後世の人が気の毒に思って、太らせたのかな?

あれやこれやで、いろいろ妄想をめぐらせていたら、面白くなっちゃったので、一部掲載。
独断と偏見にまみれているので、興味のある人だけ、続きをどうぞ。
夢を見続けたい方は、見ない方がいいかも。

ってなわけで、「サンタクロースはなぜ太っているのか」を検証してみた。
サンタクロースについては、wikiに面白い記事があったのに、削除されてしまいました。残念。

上記、リンク先(サンタクロースの活動可能時間)より、サンタクロースとは、ものすごい、速さで移動しているわけです。
それには、やはり、体力が必要なわけです。

で、春から夏、秋にかけて、くまの冬眠よろしく、食っちゃ寝、食っちゃ寝して、とにかく、エネルギーを蓄える。所謂、脂肪。ってやつですか?
その脂肪も、きっと、只の脂肪ではなく、脂肪を騙った、スペースシャトル用の燃料もどきなんだろうな。
また、エネルギーを効率よく消費するための、筋力も必要。
ってななわけで、筋トレも欠かせない。

食って寝て、筋トレ。食って寝て筋トレ。

この状態をどこかで聞いたことがある。
そう。お相撲さんの一日だ!
つまり!

サンタクロースは、12月24日、一日のために、
364日(あるいは365日)ひたすら、相撲取りの生活をしているわけですよ。

そりゃあ、太りもしますがな。

そして、クリスマスイブ。
上記、リンク先より、およそ30時間ほどの活動を終えた後、
彼はきっと、燃え尽きているのだろう。

・・・。
するってぇと、あの赤い服もがぼがぼになっちゃってるわけだよね。

・・・。激太から激痩せに対応するために、もともと、余裕のあるつくりになっているの?


…………いけね。今日はクリスマスイブ。
今更ですが、よい夢を!(笑)
日記

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/159-d34877d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。