縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


マトリョーシカじゃ、あるまいし。

「きものの輪」リングに登録しようと思って、あれこれ見ていたのです。

   どんなサイトが、登録されているのかしら。ドキドキ。

大方、
商店系のHPは1ページ見開きで、細かくテーブルで囲ってあります。
個人の商用系のHPはフレームが切ってあります。
個人の趣味系のHPは、入り口ページがあって、enterから入れるようになっています。

どれもこれも、それぞれの思惑があって楽しいのです。
ちょこっと気になったHPはこっそりソースなんか覗かせて貰ったりすると、これまた、バックグラウンドなんかが垣間見えたりして、ニヤリとしたりするのです。

さて。
問題は、フレームのきってあるHPです。
大体、左にメニューのためのフレーム。右に記事用のでかいスペース。画面2分割。
あるいは、上にサイト名や大メニューのためのフレーム。その下のスペースが上記、左メニューの右記事。つまり合計3分割。

リンクをぽちっと押すと、2分割サイトが表示されました。
そのサイトから、また、リンクをぽちっと押すと、大きな「記事フレーム」の方に、次のサイトが表示されました。
・・・??
まるで、最初のサイトの一部分のように、全く別のサイトが表示されているわけです。
ちなみに、このサイトは、上記3分割でしたので、「記事フレーム」がますます小さくなっています。
また、次のリンクをぽちっと押すと、今度は、そこの小さな「記事フレームに」次のサイトが表示されました。


   これは「マトリョーシカ」か!?

   それとも、何かの「罠」なの!?

ワタクシ、窓は6割から7割がた小さくして開くもので、
さらに、細かくなって見えるのです。

大手、あるいは古株、と思われるカウンターのすごいことになっているサイトさんでも、リンクを押してフレームにリンク先が表示された日には、ものすごい興ざめ。

いや。
別にね。
サイトの出来不出来を競うわけではないので、それでも構わないわけです。
内容が充実していて、見た人を唸らせることこそ、サイト運営の醍醐味なわけですから。(と勝手に思っている)

でもね。と、ちょっと余所見をして思うのです。
来てもらった人には、気持ちよく立ち去ってほしいな。



名づけて、恐るべし「マトリョーシカ現象」。
雑記

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://nuikosan.blog81.fc2.com/tb.php/156-fd4fc839
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。