縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


作務衣にも、いろいろありまして。

 作務衣と、一口に言っても、いろいろあるわけです。
 市販の作務衣だって、いろいろあるわけです。

 市販されているもので多いのが、衽がなく、道中着式に衿が前身ごろの裾までついているもの。袖は筒袖。ズボンは、いわゆる、イージーパンツ。日本語に直すと、簡単ズボン。ズボンは日本語じゃないけど。

 和裁で一般的に作る作務衣は、ホームコートや上っ張り、ひっぱりという上衣になるだろうか。筒袖はない。いわゆる、船底で袖付けはぶっつけといって、袖丈=袖付けの場合と、振りがちょこっとだけある身八型がある。
 袖口も、普通の三つ折りの袖口、ゴムで絞ったもの、カフス型の3種類が多いか。
 前幅は、衽のつくもの、つかないもの、褄下のあるもの、ないもの。
 ただ、どれにも必ずあるのが、「馬乗り」。洋服風に言うなら、脇の「スリット」。これがないと、作業に支障をきたす。つまり、動きにくい。
 そして、もう一つ大事なのが、がばがばしすぎない。
 ゆったり着られる作業服。という売りなのだろうけど、ゆったりしすぎて身幅が余ってくると、ひじやら手首やらに引っかかるので、動作しずらくなる。
 なので、お師匠さんは、ひっぱりに衽をつけることを大変渋っていましたよ。

「何のための引っ張りじゃ(怒」

 下は、ズボンなので、ご自由に。というところ。
 多くは、ウエストゴム。足首にもゴムを入れるものとカフス型、裾上げ型と、いろいろ。
 専門外なので、ふと、袴っぽいのはどうだろうと思ってみた。

 形はイージーパンツでok。わきに笹ひだっぽいのをつけて脇開きをつける。ウエストベルトのところにゴムを入れてひもで調節できるようにしてみようか。袴は、上着を中に入れて着るから、それに倣って着れば、脇が開いていてもパンツが見えることはない。
 注意は、通常パンツよりも、深履きに作ること。かな。袴を作る時に紐下-1寸ぐらい。それと、上衣の紐を、設定よりも上気味につけるといいかも。野袴のさらにズボン化した感じw
 普段着に着るものだから、何でもありだww
スポンサーサイト
雑談

0 TrackBacks
2 Comments

和ロリ・和ゴス

 和ロリとか、和ゴスというジャンルがあるらしい。
 着物とロリータをチャンポンにした、いわゆる、浴衣ドレスの着物版。

……。

 はっきり言おう。
 認めねぇ。
 そんなちゃんぽん、あたしゃ、認めねぇ。

 チマチョゴリみたいなふんわり袴とか、認めねぇ。

 なんだよ。巫女ドレスとか。
 巫女さんをなんだと思ってんだ。

 黒綸子の無地の着物に、レースの袴、同じくレースの羽織でいいじゃん。
 帯は、中古の金の袋帯を解いて半幅にしてさ。
 ヘッドドレスはミニ帽子に着物の残布で作ったふわふわリボンと組紐をアレンジしてタッセル垂らして、黒い日傘差せばいいじゃん。

 何で、ダメなのさ。
 なんで、ドレスにこだわんのさ。
日記

0 TrackBacks
0 Comments

気が付けば……

 9月。
 重陽の節句。菊の節句。
 だんだん、涼しくなってきました。
 先の台風で、被害を受けられた方のお見舞い申し上げます。
 うちは、仙台空港のおひざ元なので、気象的に穏やかです。
 台風直撃したってたいしたことないもんね。
 阿武隈川が時たま警戒水位を超えそうになることもあるけど。

 そろそろ、合着の季節ですが、まだ、お暑うございますね。

日記

0 TrackBacks
0 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。