縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


プリンター再び

 姪っ子の高校は、山の天辺にある。
 そこまで行くのに、公共交通機関を。とのことだったので、アクセスを印刷しようと思って。

 このパソコンは、数年前にやってきたのだが、まともに使うのは初めて。
 で。
 プリンターの設定がなっていないということに、今、気づいた。
 プリンターもかなり古いので、まず、ドライバーをインストール。
 なんでも、プリンターを接続するだけで、自動でドライバーはインストールされるはずだとか。
 が、うんともすんとも言わず。
 なんかおかしいと思いつつ、手動でドライバーをインストール。

 そこで気づけば、あたしも、まだ捨てたもんじゃないと思えたのに。

 確か、年始に、誓ったはずだった。

 「石橋は叩き割るつもりで」

 なのに、確認もしないで、その辺にあったUSBの先っちょをぷちっと接続。
 まったく動作しないプリンターに、なんでかなぁ・・・・・・と、悩むこと半日。

 USBに繋がっていたのは、外付けのHDDであって、プリンターではありませんでした。
 動くはずもなく・・・・・・orz...

 何してんだ、あたし!!!
 あたしの半日を、返せ! あたし!!
スポンサーサイト
日記

0 TrackBacks
0 Comments

春めいてきた。

 先日の大雪が三分の一ほどに減りました。
 当家も、日本列島北よりにありますが、仙台空港も近いこともあって、気候的には大変穏やかです。
 それが、一日4回も雪かきをする羽目になるとは・・・・・・。

 本日、最高気温8度。
 なんと! 
 最高気温、8度!! ですよ!

 今日、暖かいね。
 ストーブ要らないね。

 と、今日は、ストーブが沈黙しています。
 これが、秋であれば、寒くなってきたね。ストーブつけようか。という気温です。

 季節って不思議です。

 庭の蝋梅が、そろそろ終わりになります。
 大雪前に、ふきのとうがうっかり頭を覗かせていたので、ひわ母に見つかり、食われてしまいました。
 早春の味でした。
 春は、苦いのです。

 3月1日。
 姪っ子ちゃんが高校卒業です。



0 TrackBacks
0 Comments

紬の一つ紋

 女袴を仕立てようと思って、無地の紬を物色していた。
 良い色があったので、ちょっと見ていたら、なんと、一つ紋が入っている。
 さすがに、縫い紋だったし、仕立て替えは、袴なので、どうせ見えない。かまわないのだけど。

 今時、紬にも一つ紋を入れるんだなぁ・・・・・・。

 一つ紋の紬って、どこに着ていくんだろ?
 洋服で言えば、きれい目のジャージ?

 
 まあ、なんだ。
 昔は、目を疑った、キャミワンピってのもあるし、そもそも、キャミソールを見せるなんて、考えもしなかった時代もあったわけだから。

 つまり、きれい目のジャージをお友達とのお食事なんかに来ていく時代になったのだ。
 と思えば・・・・・・。
 
 
 ・・・・・・。
 そんな時代になったんですか?


--------------------------------
 紬の一つ紋。
 実は、ちょっとしたお出かけに、紬の一つ紋は着るものなのだと、教えてもらえました。
 私の勉強不足。認識不足。
 
 雨の日の法事、入学式ok!
 とのことで、結構、いいところまで着られるのだそうです。

 きれいめジャージは、きれいめワンピースに格上げです。


 数ヶ月前、袴を仕立てるのに無地の紬を探したのですが、どこにもなかったのです。
 今、着る人がいないとか言われて、いないわけないと思うんだが・・・・・・?? と、不思議に思ってました。

 取り急ぎ、訂正です。
 
雑談

0 TrackBacks
0 Comments

こぺっと

 マスクを嫌がるので、エアマスクを買ってみた。
 首にぶら下げておくだけで、ウィルス除去。
 優れものだね。

 首にかけるのも嫌がるので、ポケットに入れておいたら、それも出していた。

「へにゃちゃん! これはポケットに入れておくの!」

 すると、へにゃちゃん。

「こぺっと」

 へにゃちゃんには、「ポケット」が「こぺっと」って聞こえるんだね。
へにゃ語録

0 TrackBacks
0 Comments

お肉の行方。

 先日煮た大根と鶏肉がうまかったので、あまった鶏肉を夕べのおかずに・・・・・・。
 と、思ったら、中身が大根と里芋に。
 通りがかったひわ母に聞いてみた。

「肉は?」
「にく?」
「昨日の大根と鶏肉、残ってたよねぇ?」
「ああ、あれ、持って行ったよ」

 『持って行った』ですと!?
 どこに!?

 ひわ母の知り合いが、娘ちゃんのお産でお手伝いへ。
 留守中、その旦那の飯をたまに見てやってほしい。
 といわれ、
 豆まきに海苔巻きを作ったから、おかずに持って行ったらしい。

 ・・・・・・。

 いいんです。
 いいんですよ!
 ひわ母のオメガネに適ったのだからおいしかったんでしょう!
 人様に、おすそ分けできるほどだったんだから、うまい認定をもらったのです!
 
 でも! 
 でもね!!

 あの肉は、うまかったんです・・・・・・(涙


日記

0 TrackBacks
0 Comments

立春の雪

 昨日は、とても暖かい日だった。
 ラジオでは、今日は寒くなるというのに、その寒さを侮っていたよ。

 雪だ!
 ぼたぼたと落ちる雪が降ってきました。

 まだ、厳冬真っ只中だったんですね。

 
 でも、実は、雪が降ってる日って、以外に暖かいんですよ。
 これで、雪も降らず、蔵王からの吹き降ろしの風が吹き荒んだ日には・・・・・・もうね。
 天気がいいからと、外に洗濯物を持っていって、バサッとやった瞬間に凍ってますがな。
 そんな日は、年に2回もあればいいほうですが。

 次、3月にもう一度ドカ雪が降って、今年の冬もおしまいです。

 暦の上では、もう、春なんですよ。




 ・・・・・・ん?

 こ・よ・み・の・う・え・で・は♪
 
 という歌が耳をついて離れないんですが。
 なんでしたっけ? これ。

 でも、どちらかというと、

 はるなの~に~♪ おわか~れですぅか~♪

 のほうかなぁ。


0 TrackBacks
0 Comments

大根を煮た!

 今日は、鶏肉と大根を煮た。
 鶏肉は、塩麹につけて冷凍しておいた。

 さて。
 煮物は苦手だ。
 理由は・・・・・・(ry

 こんどは、楽天レシピで探し出した。
 「楽天レシピ」となっているが、実は、中身はクックパッドなんだな。これが。
 参考にしたレシピはこれだ。
 鶏もも肉と大根の照り煮

 鶏もも肉 300g
 大根 1/2本
 ☆生姜 1かけ
 ☆砂糖 大さじ2強
 ☆料理酒 1/2カップ
 ☆みりん 1/2カップ
 ☆水 1カップ
 醤油 大さじ3

 大根の下茹でって、米のとぎ汁だよねぇ。
 いつもは、米を研いで行ってくれるひわ母なのに、今日に限って、精米どまり。
 これは、やっぱり、大根を煮ろってことなんだろうか。

 下ゆで、20分。
 ところが、何を思ったか、沸騰して少し火を弱めたつもりが、少しどころか弱火になっていて、煮えていない(涙
 なんちゅ、こっちゃ。

 まず、煮汁の分量を量ろうか。
 砂糖大匙2。「強」というので、山盛り。
 水・・・・・・、お。先週、へにゃごんのためにとった出汁が残ってる。これ使おう。
 酒、100cc。
 みりん。みりん? みりんが、ないっ!
 みりんって、なくてもできるものなのかなぁ・・・・・・、と、代用品を考えてみた。
 みりんとは。みりんって、煮切った酒じゃん? 
 ということで、お酒、増量。
 砂糖の代用品だった。という、ラジオを聴いたことがあるので、砂糖も増量。・・・・・・しようと思ったけど、甘くなったらどうしようもないので、あとで足そう。
 醤油。大匙3。
 うちは、関西風で、濃い色の煮物は好かないので、醤油少な目。
 その分、肉に塩麹がついているので、塩は足りるだろ。
 
 それじゃあ、煮ようか。
 しかし、ここでもレシピを無視するひわさんクオリティ。
 お醤油は、最後。と書いてあるのに、全部投入。沸騰したところで、下茹でした大根と鶏肉を無条件で投入。
 
 にえろ~。にえろ~。

 なべの外から、オーラを送りつつ、米も炊き、洗い物もしてたら。
 のこのこと、ひわ父登場。
 
 あ? 時間に早いぞ? こら。

 所定の位置に座り、手持ち無沙汰で飯を待つ年寄り一人。

 早く煮えろ~ もっと早く煮えろ~。

 オーラに、尋常ではない視線も加えて、無言でプレッシャーをかける。
 そんな人の事情などどこ吹く風で、大根はなかなか煮えませんでした。
 冷えるときに味は入るって言うしな。
 味が染みてないのは、ご愛嬌ってことで。

 うーん。
 味は少し甘い目でした。
 みりんを入れたらどうなったんだろうな。
 濃く。ってやつがでたのかな?

 肉は、うまかった。
お料理

0 TrackBacks
0 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。