縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


寸法の謎@裄

 着物を着る上で、一番、面倒なのは、身幅ではなくて、裄です。
 裄。

 

裄 とは、(両腕の長さ+肩幅)を2で割った寸法である。
 実寸するときは、首の後ろのぐりぐりから、腕を斜め45度に下げた手首の「うめぼし」まで。

 「うめぼし」が隠れるのは、礼装。
 普段着は、うめぼしがかかるぐらい。



 最近は、男女とも、体格がよすぎて、反物も、長く、広くなっています。
 私が172センチなので、・・・・・・なので、ってこともないけれど、礼装の裄は1尺8寸2分です。これで、うめぼしに乗るくらい。あと、2分ほども長ければ、標準的な礼装の裄寸法になったんですが、そうすると、コートができない><

 礼装といえども、いや、礼装であるからこそ、腕をだらんと伸ばしてぼけっと突っ立っているような印象を受ける立ち姿は野暮だ。と、師匠の奥さんに言われ、着物を着たら、ちゃんと腕を曲げて収めておくのが当たり前だから、そんなに杓子定規に裄を長くすることはない。と、教わりました。
 ただ、やっぱり、手首のぐりぐりがにょきっと見えてしまうのは、師匠いわく「丁稚の着物」になるので、そこは確認しておくべき。

 さて。

 最近、寒いときはカーディガンではなく、引っ張りを着ています。ウールの引っ張りで、内緒ですが、袖付けと口下、袖底、脇がほつれてきています><
 これも、紺屋の白袴といってもらえるでしょうか>< だって、自分のだと思うと面倒なんだもの。
 洗濯は、ほかのものに引っかかって糸が切れないように(!)ネットに入れて、普通に洗ってます。アイロン? ウールなのでアイロン不要。

 引っ張りというのは、家着で、割烹着のような役割もします。作務衣のようなものです。
 これの裄が、いっぱいいっぱいで1尺6寸ちょい。
 そう。ワタクシの裄には2寸ほども短い。
 もちろん、まっすぐに手を伸ばしていれば、にょきっと腕が出て、いかにも借り物のような野暮な印象がありますが、実際、普段着として着るのに、手を伸ばしていることなんてほとんどありません。
 むしろ、1尺6寸でも、長い><
 台所仕事をするのに、邪魔だし、こてを取るのも、布生地を引っ張ったり据えたりするのに、邪魔なこと、この上ない。襷がけ・・・・・・という言葉が、頭をよぎるぐらい。

 そのぐらい、普段着の裄とは短くて結構なものなのです。

 ところが、浴衣の裄について、礼装並みに長く仕立てなければならない! と、肩に力が入っている方がいらっしゃいます。
 そこまで、がんばらなくてもいいよ?
 所詮、浴衣ジャン?
 しかも、それが殿方であったりしたら、リラクゼーションルームをお奨めしたくなります。
 殿方の浴衣の裄の長いものほど、暑苦しいものはないです。
 どこの坊ちゃん!? 
 新入社員のネクタイ姿を、七五三みたいだと揶揄されたことがありますが、まさにそんな感じ。

 ここにきて、浴衣の話題が上るようになりました。
 ことさらに、裄に合わせた広幅の反物をお勧めされることがありますが、必要ないよ?
 だって、浴衣だよ? 普段着だよ? そんな、ずらずら長い裄は邪魔だよ?
 振りもうまく捌けないのだから、せめて、動きやすい寸法にしておこうよ。
 柄が気に入ったなら、それはそれですが。

 とはいうものの、本当に腕の長い人はいるわけで、そういう方には、まだ、着物の敷居は高いのかもしれませんね。
スポンサーサイト
寸法

0 TrackBacks
0 Comments

ラリエット

 編み物に、何のプロレス技かと思ったら、頭に載せたり、髪に編み込んだり、また、首にかけてネックレスのように使ったりするけれど、ネックレスのように輪になっていないもの。ラリエット・・・・・・だそうだ。
 
  ラリアットじゃないのねー><

雑記

0 TrackBacks
0 Comments

ふた好きの妖怪

 うちには、今、ふた好きの妖怪が棲んでいる。
 蓋なら何でもよく、気が付くと、ない。

 現在進行形の糸玉と鈎針を入れておくのに大変便利なこんなものや、
虎缶ふたなし


 使いサシのビーズを入れておこうと思って持ってきたお茶缶のふた、
お茶缶ふたなし


 こんなものまで。
鈎針ふたなし



 こういうときに、ないからといって探しても、見つからない。
 ふた好きの妖怪は、悪戯小僧なのだ。
 昼日中でもまったく問題ない。
 人がいても、あっちを見ている隙に、ちょこっと持っていっては遊んでいるのだろう。
 そして、あれ? ない。と。探す人を見て、面白がってるに違いない。

 探さなくなったとき、出てくるものなのだ。
 大体、何でこんなところにあったのに、気付かなかったんだ。というようなところから出てくる。
 あるいは、いつの間にこんなところに・・・・・・。

 失せ物を言うのは、そういうものである。

 ・・・・・・困ったもんだ。
 こういうのを、注意力散漫。というんだろう。
 
日記

0 TrackBacks
0 Comments

「切り繰り越し」と「裁ち繰り越し」

 着物、狭義に和服は、日本の民族衣装といいます。
 民族衣装というからには、全国、一律で同じ形で、同じつくりです。
 同じつくりだからには、作り方も同じかというと、そうでもないのです。

 ワタクシは、京都で師匠について勉強させていただきましたが、ミヤギケンで講習会があったときに、まず、全否定されました。
 同じミヤギケンの先生でも、違う先生には、腕がいいと褒められました。

 そんな具合で、それぞれの地方によってやり方が違うし、その縫製所によっても違うし、そのやり方について、どこも同じくらいプライドが高いです。

 そんなわけですので、「切り繰り越し」と「裁ち繰り越し」について尋ねられても、わたしには分かりません。
 そもそも、「切り繰り越し」と「裁ち繰り越し」そのものが何を指しているのか分からない><

 多分、宮城県で、「切り越し」と「繰り越し」といっているものだろうと思われますが、その違いも分からない><
 和裁士としては、あるまじきことなんでしょうけれど、やっぱり、勉強させてもらった縫製所の影響というのは計り知れないのです。すみません。
着物

0 TrackBacks
0 Comments

エコアンダリアレーシーバッグ

 出来ました。
 足掛け・・・・・・三日ぐらい?

レーシーバッグできた

 虎の巻によると、出来上がりのサイズは、

 巾、26センチ
 深さ、22.5センチ

 *ゲージは編み手により異なります。



 ゲージって何? それ、おいしいの?
 というところからして、ひわさんの底の浅さが垣間見られます。
 ゲージは、取らなきゃダメだよね。

 出来たものは、本体の中央部分の巾、26センチ。虎の巻どおり。
 ところが、バッグ底と入れ口の細編み部分が25センチ。
 深さ、21センチちょっと。

 がっちり編むタイプのようです^^;

 思ったよりも小さくなってしまったので、これはこれです。
 もともと、ハンカチ、お財布、タオル一枚ぐらいの容量だそうですから、こんなものなんでしょう。

 さて。
 また、これを解いて、もう一回編んでみよう。

 どこかの編み物好きさんのブログにもあったけれど、編んだ時間は三日でも、解くのは3分で終わっちゃうのよね。どう、これ。

 【スペック】
 エコアンダリアcol42.ココナツ 2玉
 鈎針 7号
 編み図 非売品

 深さ:20㎝
 巾:真ん中→25センチ 入れ口→22センチ 底→23cm
 
 制作時間:足掛け三日
 

 【教訓】
 ・エコアンダリアって、ビニール紐のグレードが上っぽい。
 ・するするは編めない><
 ・それは、経験値が原因かも><
 ・ゲージは取るべし。
 ・細編み、きつい癖は何とかならないものかしら・・・・・・(´・ω・`)
 ・練習するなら、その辺で売ってる麻紐とかビニル紐でもいけそうな気がしてきた。
 ・でも、安い紐って、案外、編み物上級者でも難しいらしい。
 ・初心者は、おとなしく、いいもので練習したほうがいいのか?
 ・だから、よりよいものをよりやすく! で、お店を物色してしまう。
日記

0 TrackBacks
0 Comments

あいぎ

お単衣でも、「薄物」と「合着」がある。


 と、書いた。
 
 合着 と、書いて、あいぎ と、読む。

 実は、「あいぎ」とは、「間着」と、書くのが正しいらしい。
 ところが、常用漢字では、「間」を「あい」とは読まないなので、「合着」と、表記されるようになったようだ。が。

 これも、地名や人名のように、一つの言葉として認めてもいいんじゃないか。
 でも、染屋さんでも、呉服屋さんでも、いまや、「あいぎ」なんていわないから、一般化されていない=ちゃんと読みなさい。ってことになるのかしら・・・・・・。
雑談

0 TrackBacks
0 Comments

エコアンダリア

 去年、高校生になったまなちゃんとはなちゃんを夏祭りに連れて行ったとき、浴衣を着た。その時にもつちょっとした袋物がなくて困った。
 別に、何でもいいから、買い物バッグでもエコバッグでもよかったんだけど、浴衣を着てショルダーにするにはちょっとだし、うーんと考えて折角だから何か作ろうと思った。

 いきなり、でっかいものは作れないから、とりあえず、練習してみようと思い、購入したのが、これだ。
エコアンダリアセット内容

 いつも、出たとこ勝負の一発屋のひわさんにしては、珍しく、練習! してみようと思った。 
 練習。だって。練習w

 さて。
 はじめてみる、「エコアンダリア」。
 いっとう最初にこの名前を見たときに

 『いち、にぃ、サンダリア♪ にぃ、にぃ、サンダリア♪』

 というCMソングが脳裏をぐるぐるしたのは、わたしだけではないと自負している。
 ちなみに、このCMソングは、正しくは『サンガリア』です。

 この糸を命名した人は、駄洒落好きだったのかなぁ。と、つらつらと思いつつ開封。

 この糸は、レーヨン100%で、見た目、ビニール紐。
 レビューを見ると、「するする編めて、手も疲れない! あっというまにできちゃた!」と、ある。
 この、「レビュー」というのは曲者で。

 これを読んで、そうなんだ! あたしでもできそう!! 
 
 と思うのは、初心者の浅はかさ。
 レビューを書いた人のバックボーンを考えずに、自分と同じレベルだと思うのがそもそもの間違いで、ある意味でその誤解を狙ってお店側はレビューを利用してるのかもしれないと、姑息なことも脳裏をよぎり。

 鼻歌交じりに編み始めてみると、その誤解に気付かされるのです^^;

 まず、新しい鈎針はすべりが悪い!
 どんなにすべりのよい糸でも、針そのものがすべりが悪かったら、するするいくわけがない。
 エコアンダリアの糸玉は、中に芯がない。
 普通、中の芯を取って、内側から糸を引っ張り出して編み始めるのだけど、肝心の芯がなく、またみっしりと巻かれているのを崩すのはもったいない。
 これって、外から編み始めるのかなぁ・・・・・・?
 と、糸玉の帯を外したら、あらら、わらわらわらわらっ!! と、崩れるように糸が落ちてきて…(;・`д・´)・・・(`・д´・;)

 虎缶

 うちにあった糸玉の入りそうなもので手ごろなものを探してきました。
 入りそう?

入りそう?

 すこし頭が出ましたが、編んでいるうちに小さくなるので、ふたは乗っけておくだけに。

 さて。
 練習、練習。



 
日記

0 TrackBacks
0 Comments

「お」

 初めて和裁関係の人とお話したときに、ん? と思ったのが、「お」。
 さすがに袷の着物は「お袷」とは言わなかったけど、「お襦袢」「お袖」「お単衣」「お直し」。
 なぜ、これらにだけ接頭語「お」をつけるのかは不明。

 それからしばらくたって、

 「『お』なんていちいち頭に丁寧語をつけるのがわずらわしく、聞きづらい。なんで、和裁する人は、偉くもないのにいちいち『お』なんて、丁寧語をつけるんだ。おらぁ、つけねぇぜ」
 
 と、豪語される方に出会って、ふむ。

 その人の言うことは、ある意味ではもっともかもしれないけれど、それでは、あんまり殺伐としている気がした。心持。の、事を言うなら、付いても付かなくてもいいのだろうけれど、言葉遊びとして、聞き流すことはできなかったのかなぁ。とも。

 人生、無駄なことのほうが多いよ?
 一所懸命、適当に。
 
 

雑談

0 TrackBacks
0 Comments

薄物と単衣

 とある着物サイトでのコメント。

「絽は早いでしょうか。単衣がいい?」


 ・・・・・・? 
 絽も、単衣ですが?
 絽は、単衣とは言わないのかな?
 でも、単衣なんだけど・・・・・・?

 最近、絽の袷とか出来たかな?
 「紗合わせ」も「袷」だって言うしな。

 そのコメント返しが、

単衣でいいでしょう。



 よくよく読んでみると、単衣とは、「合着」を指しているらしいという事に気付いた。
 
 それを書いている人が、元、呉服屋さんだったので、基礎知識として分かっている認定してしまっていた。
 勝手に混乱した自分が恥ずかしい・・・orz...

 最近は、仕立屋さんや呉服屋さんでも「合着」とは言わないみたいです。

 「単衣」というのは仕立て方であって、衣替えの時に使うのは、「薄物」「合着」。
 「薄物」は、絽、紗、羅などの透ける生地で作ったお単衣。
 「合着」は、ウール、紬、大島、その他透けない生地で作ったお単衣。
 どちらもお単衣なんだから、「単衣」というだけでは間違いではないが正しくもない。

 間違えるから、使い分けるように。と、言われたものです。

 

着物

0 TrackBacks
0 Comments

今度こそ!

 足掛け3週間。
 出来ました。ビーズの半衿。
初めてのビーズ半衿・材料
 とりあえず、ダイソーにいったついでに#40白を2玉。
 
 ↓モノのサイトには、3玉。糸通しビーズ8袋。
 小春日和(和小物・着物・着付)
 
 糸通し・・・・・・と、あるのに、何故か8袋。8本分と理解して、10メートル分購入。
糸通しビーズ

 あれこれと、検索してみると、真っ直ぐに編むやり方と、バイアスに編むやり方があるらしい。
 衿肩周りは、バイアスのほうがなじみがいいと思うので、バイアスでいこか。
 ↑この辺、基本から入らずに、いきなり、応用編へいってしまう、ひわさん・クオリティ。
 上手くいくわけがない^^;

 まず、作り目3目。
 一段目:3目細編み。表
 二段目:両端で一目ずつ増やして5目細編み。裏
 三段目・両端で一目ずつ増やして7目細編み。表
 四段目:両端で一目ずつ増やして9目細編み。裏
 五段目:両端で一目ずつ増やして11目細編み。表
 六段目:両端で一目ずつ増やして13目細編み。裏・・・・・・!!

角

 参考サイトには、両端3目開けてビーズを編みこむことになっているけれど、結局、そんな端っこまで半衿というのは見えないわけで、見えないところにたくさんは必要ないだろ。
 ってことで、5目ずつ開けてビーズを入れることにした。
 
 で、正味六段目から、両端5目ずつ開けて、真ん中3目ビーズを編みこむ。←開始
 ここで問題発生!!
 よくよく参考サイトを見ると、「ビーズは裏に来る」と、ある。
 ・・・・・・ワタクシの、表裏の認識が間違ってなければ、表に編みこんでませんか?
 六段目は、見ている方向が裏になる、と、思ってるんです。で、ビーズは見てる方向の裏側に来るので、完成した状態を考えると、これは裏になるんじゃ!?
 いや。
 それとも、ただ単に、見ている裏側にビーズはくるんだよ。ということが言いたかったのか?
 そうなのか?

 まあ、いいや。
 出来ちゃったもんな。

 巾が2寸7分になったら、ビーズなしの段で、出だしは増やし目、終わりは同寸で、増やさない。
 次の段に、増やさなかったほうは減らし目をしていく。
編みかけ2
 裏はこんな感じ↓
裏

 上手な人が見たら、「・・・・・・」な、出来なんだろうなと理解しつつ、これなら、自分でもできるかもっ!! という、初めてさんの自信になるようにあえて、写真up。

 そうやって、地道に編んだり編まなかったりする日々。
 途中、着物一枚仕上げて、姪っ子の帽子を一つ編み上げて、ようやく出来上がりました。

出来上がり

 2尺の上がりで、レース糸2玉。ビーズ10本分に少しあまり。

 仕上げ後
 両端が、ぐるんぐるんに丸まっていたので、ネルを何枚も重ねて、霧を吹いてアイロンで仕上げ。

 普通の半衿に比べると、ずっしり重い。
 悪戯心に、計ってみると・・・・・・
総重量

 110グラムぐらいか。
 次は、半衿のつけ方講座でもしようかな。


【スペック】
レース糸:ダイソー#40白 2玉
丸小ビーズ:#264(MIYUKI)10m
レース針:2号
制作時間:・・・・・・3週間ぐらい?

【教訓】
・白いレース糸には、派手目の色目がお似合い。
・バイアスに編んでいくには、途中、増やし目と減らし目を間違えること、多数。
・手癖によって、巾がぐねぐね。
・レース糸とビーズの大きさのバランスは、糸を縦に伸ばして、ビーズがゆっくりすとんと落ちるぐらいが編みやすい。
・市販のお値段で2000円とか、3000円とか・・・・・・orz...
・ビーズだけで1000円、ダイソーじゃないレース糸だと300円とか400円とか。それが2玉で800円くらい。材料費にしかならないぢゃん。安すぎ。
・と思ったら、お値段12.000円を発見。これくらいは欲しいよね。
・よく見たら、ダイソーのレース糸のロットが変わってた。エジプト綿とトルコ綿。トルコ綿のほうがお仕事の荒い糸だった。まあ、100円。


[小物]ビーズ半衿

0 TrackBacks
0 Comments

日本語って難しい。

 新聞の見出し。

「自民、維新、みんな前向き」

 そっか! 自民党も維新の会も、みんな前向きなのね!

 よく読むと、

 自民党、維新の会、みんなの党、が、前向き。

 だった。

 「みんなの党」
 ある意味、罠的要素のある党名である。
 ・・・・・・もしかして、狙ったのかな?
日記

0 TrackBacks
0 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。