縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


おくみが逃げるっ!

 まだ、お弟子さんの頃。

 着たときに、褄下が下がるんです。
 直してください。


 と、いう直しの依頼がありました。

 はぁ。
 
 呉服屋さんいわく、

 着たときに、この着物だけが、おくみの裾が体から離れていくんです。
 他の着物を着ても、そうはならないけれど、この着物だけ、褄下が膝に沿わないんです。
 
 はぁ。なるほど。

 他の縫製所や専門学校で直してもらったが、どうやっても直らず。
 専門学校の先生たちが、一所懸命考えてくれて、あーでもない、こうでもないとやってくれて、
 直りましたよ。と、一度は納品したんですが、お客さんから、再度、同じ依頼。
 やっぱり、体から離れていくというか、沿わないというか。

 着方が悪いんですかねぇ。

 と、お客さんに言われたが、そこで、「そうですね」とはいえなくて、とりあえず持ち帰ってきた。
 直りますか?

「そりゃ、着方が悪いんじゃないですか?」
 と、先生と奥さんもいえなくて、はぁ、そうですか。と、受け取った。

 参考までに。と、今までされた直しを聞いてみたら、
「結局、衿の始末が悪いということになって、そこを直したら、体に沿うようになった」

   衿の始末は、身頃側の衿に入るおくみの縫込みとおくみそのものの始末。
   無理のないように畳んで、綴じる所もあり、綴じないでそのまま、衿とじをするところもあり。

 ということで、納品されてきたそうだ。なのに、お客さんに納品したら、元の木阿弥。
 これは、誰が聞いても、お客さんの着方・・・・・・げふんげふん。

 さて。
 あらゆる方法が試され、着付けの仕方も悪くないのに、その結果であるということは、生地が体に沿わないものであるということも考えられるわけです。
 例えば、安い化繊であったら、妙な張りがあって、生地自体が独立独歩しちゃって、馴染まない。というのもあります。
 こればっかりは、仕立て屋でも着付け教室でも直りません。
 
 それも考慮に入れつつ、呉服屋さんは持ってきたわけですが、もって来たということは、呉服屋さんのなかでは、直る前提が、きっと、あったんでしょうねぇ・・・・・・。

 結局、どうやって直したかは分かりません。
 とにかく、衿の始末が悪いんだろ? そこ直しとけ。
 という、先生の言葉を聴いたような聞かないような。
 そんなもん、着方だ! と、最後まで豪語されていた先生は、後日、件の呉服屋さんに、

「先生! ありがとうございました! ちゃんと着られたそうです!」
 
 の言葉に、「着付けが上手くなったか」と、ぼやいていたのをわたしは忘れません。

 さてさて。
 人事のように思っていた、褄下が体から離れる現象w
 ○年前、役所でやっていたワンコイン着付け教室で、体験できました^^

 ピンク色の雲取り、正絹の小紋でしたが、前、数回はちゃんと着付けられたのに、その日に限って、何度やってみても、おくみが体から離れていくのです。
 まっすぐ立っている分には問題なく、普通に着付けられているのですが、膝を折って屈んだとき。
 いつもなら、すっとひざ下に回りこんで足に沿うようになるのに、そのまま、すとんと床に直撃。
 腰紐の位置が悪いのか。
 上前の回り込みが浅いのか。
 下前の褄をちょっと上げてみたり、少し背を回してみたり、オハシヨリの始末であっちを引っ張りこっちを引っ張りしてみたけれど、何故か、直らず。
 仕方がない! と、着なおしてもダメでした。


 これのことか!!

 結局、何が原因だったのか分かりません。
 
 ・・・・・・、お天気かなぁ・・・・・・?
 
スポンサーサイト
弟子の頃

0 TrackBacks
2 Comments

できた!

 出来ました!
 バネ口ポーチが><
 しかも、この、出来の悪さといったら><
BP全体2



 どうして半衿ではなくて、パクパクポーチになったかというと、どう考えても、ビーズが足りないということが判明。ビーズやさんでは、既に販売を終了したビーズだったらしく、追加がない。
 このまま半衿を編んでも、見えるところすらカバーできないので、別のビーズでやってみよう。
 それと。
 レース糸がベージュでビーズが中染めオーロラのシルバー系の色の組み合わせが、致命的に地味だった。 
 地味を通り越して、これは、煤けた色に見える。

 早速、斜行の洗礼を受けまして、出来たポーチは、バネ入れる前は大変なことに・・・


 で。
 見てお分かりのように、バネ入れて成形したら歪みまくりで。
 このゆがみの最大の原因が、実はビーズだったということが、ショックかも。
BP全体


 底のほうの密集しているビーズの部分は曲がってないわけです。
 途中まで編んで、どう見てもビーズが足りないだろうと判断。
 この足りないビーズを、足りてますよ~^^ とごまかすにはどうしたらいいかと悩んだ挙句に、すかし編みを投入。これが、第一の失敗。
 すかし編み部は、これでも目数を増やしたんだけど、どう考えてもここだけ縮んでますがな。
 で、残り少ないビーズを有効活用しようと思って、雲取りを採用。
 そしたら、よ!
 むしろ、足りなさ全開。
 これ、ビーズケチったね? っていわれても可笑しくないできになりました。とさ。
BP編み目


 そして!
 バネ口にあるまじき、この、入り口の隙間!!
BP口

 斜行によって歪んだのもあるけど、バネの根元ぎりぎりに縫込み・・・・・・じゃなくて、縁編みの部分がかさなったのが原因だと思う。
 バネがゆるかったのもあるかも。
 そもそも、レース編みでポーチをつくろうってのが間違ってるのか? そうなのか?

 とりあえず、使おう。
BP全体3

【スペック】
・ダイソー#40 ベージュ1玉+縁編み分
・糸通しビーズ4本弱
・レース針 6号
・作成時間:・・・・・・半月ぐらい?


【教訓】
・ビーズを編みいれる時は、ポイントか、みっしりと全体に。
・中途半端はゆがみの元。
・ベージュにシルバー系は、地味さ倍増計画。
[小物]ビーズ半衿

0 TrackBacks
0 Comments

二尺袖

 最近の着物用語は、よく分かりません。
 二尺袖。
 にしゃくそで。
 
 二尺袖?
 もちろん、二尺の袖丈なんでしょう。と、いうことは推測できますが。
 二尺袖??

 なんだろうと思って検索してみたら「二尺袖」。「小振袖ともいう」。

 いや。
 小振袖としかいわないんじゃ?
 てか、小振袖のことかよー><

 いろいろ、難しいことです。

 ちなみに、小振袖は、その名の通り、振袖の小さいバージョンで大体二尺ぐらいの袖丈になります。
 10代の普段着として解釈して間違いがないかと思います。
着物

0 TrackBacks
0 Comments

あきらめた・・・(´・ω・`)

 わたしには、自由に使えるパソコンが、3台もある!!
 一つは、さっちゃんが嫁に行くときにおいていったXP@ノート!
 一つは、馬鹿旦那が置いていったXP@ンォート! 無線Lan接続
 一つは、さっちゃん旦那が必要なくなった。といって、格安で譲り受けたwin7 @デスクトップ 無線Lan接続

 数年前からやっているオンラインゲームに凝っていた時は、欲しかったけど、今、必要ないな。

 さて。
 ビーズやレース編みをはじめると、ネットには無料の編み図がわんさかと落ちている。
 いってみれば、宝庫である。
 で。
 地道に、手作業で写し取っていたけれど、ふと。

 これ、印刷すれば早いんじゃない?
 ・・・・・・そうぢゃん! 印刷すればいいんぢゃん!! あたしって、あったまいいーっ!!

 普通は、もっと早くに気づくんですけどね。と、さっちゃんにも突っ込まれ。


 それでは、プリンタの共有をば。と、検索をかけると、これまた、すごい、簡単に書いてある。
 
 まず、クライアント(プリンタが物理的に接続してあるパソコン)で共有設定をする。
 使いたいパソコンでも共有設定をする。
    ↓
    ok!

 ・・・・・・? おっけにならないんですが?
 
 さらに検索。

 まず、共有したいパソコン全部に、パスをかけることが先決らしい。
 パスをかけました。

 まだ、繋がらない。

 数十分、待ってみるといいらしい。
 数十分どころか、数日放置。

 まだ、繋がらない。
 あーぶくたった、にえたった。

 まず、ネットワークが構築されない。お互いにパソコンが認識しないんじゃ、プリンタの話ではないよね。

 ネットワークの構築をやってみた。
 クライアントは認識しないが、こちらのパソコンで、自分を認識した。
 何かが間違っているらしい。

 ふと、気付いた。
 
 プリンタの位置と、プリンタを使いたいPCの位置は、1m足らず。
 これ、直接接続したほう、はやくね?

 無事、印刷はされましたが、プリンタは共有できませんでした。
 どなたか、こっそり教えてください。
日記

0 TrackBacks
0 Comments

うそつき! って、いうなーっ><

 当たり前のように、うそつき、うそつき、と、罵倒されていますが、別に、好きで嘘をついているわけじゃありません。

 巷で、「うそつき襦袢」といわれているものは、半襦袢という立派な名前があり、この「半」が襦袢であって襦袢でないという意味になり、丈が半分であるから「半」といっているわけでもないのです。
 お袖のみのお襦袢は、袖襦袢というし、それぞれに、役割に沿った名前があります。
 「うそつき」って言うの、どうなの。

 ちなみに。
 半襦袢は、身頃がさらしです。衿は、お襦袢のように代衿がついて、半衿をかけられます。
 身丈が半分なので、すそよけはつけましょう。
 お袖は、袖襦袢が付くので、ちゃんと着付けると、お襦袢を着たようになりますが、実は、お襦袢部分はお袖と衿、そしてすそよけ。身頃はさらしなので、肌襦袢の役割もします。

 で。
 今思った。
 
 もしかして、半襦袢って言うの、うちだけ!?
襦袢

0 TrackBacks
2 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。