縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


七五三から大人まで。

 一般的に、七五三の着物は大人には無理。と、いいます。
 3歳は無理でも、7歳なら何とかならないだろうか。

 何とかなりました。

 先日お預かりした小紋は、七五三の7歳で着用した後、大人になってから一度着用、さらに、今回、25歳で着用。

 さて。
 寸法出来んの?

 出来ました。

 柄ってどうなの?

 華やかな小紋柄で、子どもでも大人でもいけるものも、あるんです。
 だからこそ、子どもの晴れ着には、小紋をお勧めするものなのですが・・・・・・。
 付け下げなどの、柄あわせのある着物は、確かに高級ですし手間もかかってますから逸品の雰囲気がむんむんですが、柄が合うということは、そこまでしか広げられないということで、それはつまり、その時限りの着物に成り下がってしまうのです。

 お話を聞くと、七五三で着る→ほつく→大人になってから着る→ほつく→また着よう!(今ここ)

 の、繰り返し。
 一度着て、次、着る予定がないから解いておいた。
 なるほど。よい手だ。
 着物の形になってあれば、やける。筋が残る。
 解いておけば、一枚の布に戻るわけですから、やけるとしても、均一にやける。筋が残るとしても、それは以前したてた際のものであって、伸ばしたとしてもきつく残ったりはしない。

 気に入った柄で、しばらく着ない子供の晴れ着は、解いておくとよいですよ。
 仕立てるにしても、2万円前後。
 新たに購入するよりも、お安いと思います。が・・・・・・。
 最近の呉服事情に疎いもので、その辺はよく分かりません。
 縫うばっかりで、買うことをしないので・・・orz...


 さて。
 7歳の着物から、大人物への仕立て直しですが、
 7歳でも、本裁ちで裁ちます。いわゆる、大四つ身。と、いうことですね。
 寸法は7歳にして、八掛を表そのままの引き返しにもち上がります。
 共八掛にするということですね。
 おくみも同じです。褄は、ねじり褄に仕立てます。
 こうしておくと、解いたときに、十分な長さがあります。
 大人物に仕立て直す時は、八掛を新たにつけて、胴裏も場合によっては新しくします。子どものときに十分に胴接ぎなどに縫込みを入れておくことも出来ます。
 一つ、注意するのは、大人物にしたときに、八掛の部分を延ばして、裁ちきりが裾になるので、元の裾が、裾から1尺3寸程度の高さにまっすぐに見えるということです。
 ですので、特に、汚れのない時はそのままでもokですが、シミなどが見える時は、洗いに出したほうがいいかもしれません。
スポンサーサイト
着物

0 TrackBacks
0 Comments

赤の奇跡!

 朱(あか)

 それは、魔よけにも通じる華やかでありながら強い色!

 子供物や紅絹裏の赤を見ていると、鼻血が出そうな勢いです。
 赤って、不思議な色です。
仕事中

0 TrackBacks
0 Comments

拍手、ありがとうございます。

 いつも読んでいただいてありがとうございます。
 拍手ボタンの色がかわいかったので、飾り代わりにつけていましたが、諸事情ありまして表示しないことにしました。

 言い訳めいて、大変恐縮でございますが、
 こちらにあげている和裁の話や着物等の話は、世間一般の当然の常識ではなく、あくまで、ワタクシ個人の感じるところであったり、やり方であったりします。
 特に、和裁の話は、当方が学んだところ独特のやり方があったりしますので、こちらのエントリを読まれる方には意見の相違があるかと思います。
 ひわさん、そういうやりかたしてるんだ~。と、ニラニラと生暖かく見守っていただけると幸いです。
日記

0 TrackBacks
0 Comments

雪!

 今年は、大雪が多い年です。
 毎年、そろそろ暖かくなってくるはずなのに、いつまでも雪!

 しかも、そろそろ、湿っぽい雪なのに、今日は、さらさらのパウダースノウ!

 風が、ゴーっ!! と、吹くと、わわわわわわっ!!! と、吹き上がる、所謂、地吹雪の雪です。
 
 比較的暖かいここでは、滅多にお目にかからない雪。

 と、いうことは、昨夜は、ほんと、寒かったんですねぇ・・・・・・。


 
日記

0 TrackBacks
0 Comments

寸法の謎@肩明き・繰越・付け込み

 肩明きは、「衿肩明き」といい、衿をつける際に、巾で耳端から内側に向かって入れる切込みです。
 2寸5分~2寸7分ぐらいの切り込みが入ります。

 付け込みは、背縫いの部分の衿付け代。
 通常は3分~5分。多いときは7分。時々、もっと多いことも・・・・・・。

 繰越は、肩山から後ろ側に5分~お好みの寸法ずらした肩明きまでの寸法。

 どれもこれも、首周りを美しく見せるための工夫です。
 衿元は、和服の醍醐味ですね。
 

 肩明きの寸法は、首周り÷4 と、モノの本には書いてあります。ここでいう、モノの本とは、和裁士会の教科書です。
 で。
 どなたを見ても、頭の大きさとはそれほどの違いがなく、よって、それを支える首の太さも、さほどの違いはないのです。
 例えば、直近の話題で、レスリングの吉田沙保里選手ぐらいになると、衿肩明きも少し深い目に切らなければ衣紋を抜いたときの衿の納まりが悪いと思うのですが、ごく普通の生活をしていると、特に問題はないと思うのです。
 これも地域性があるらしく、ワタクシが習ったところでは、2寸5分切り。関東以北では、2寸7分切が多いようです。
 理由は分かりません。が。
 衿合わせに関係してくるところです。狭いと、詰まった感じになるし、広いと「玄人」さんですか? 
 どうも、襟元ががばがばしているのを無理に着ているようなきらいのある方をお見受けしますが、「普通」に2寸7分で、あけちゃったのかもしれませんね。
 ただ、慣れてないだけなのかもしれませんが、それならそれで、すこし肩明きを狭い目に開けてみるのも手ですよ。
 衣紋が落ち着かない方は、ご一考に値すると思います。

 付け込みは、背縫いの部分の衿つけ代です。
 ここを深くつけておくと、衣紋を抜くと、外に倒れるように抜けてきます。
 浅くつけると、衿が体に対して立つように抜けます。
 深い目に付けるときは、カーブを描くようにくるりんと丸くつけると、きれいに抜けます。
 んがっ。
 ワタクシの師匠は、「そんなもん、着方や」と、相変わらず、ずばっとおっしゃってくださいました。

 繰越は、姿勢と肩周りの肉付きと着付けの際の襟の抜きやすさに関係するところです。
 子供物や男物は、繰越が付きません。衿を繰って着ないからですね。なので、繰越のついていない着物は、いくら後で引っ張っても、衿はぬけません。
 猫背の方には、繰越をつけなかったり、程度によっては、前に繰り越すこともあります。
 例えば、被衣(かつぎ)などは、前に繰越をつけて肩明きを切ります。
 肩周りに肉付きのよい方は繰越を多めにとります。
 肩の厚みで、繰越が上手く機能しないからです。


 仕立て直しなどをしていると、時々、衿肩明きを、カーブに切っているのをお見かけします。
 それはそれで、衿がきれいに繰れるので(衣紋がきれいに抜ける)着付けはしやすいのでしょうけれど、それは、なんとなくもったいない気もします。
 訪問着などの、前後ろの変えられない着物なら、うん、まあ、そうかな。とも、思うのですが、それなら、付け込みをカーブに描いて、切らない方法もあるんじゃないか、とか、繰越でもっと調節できたんじゃないのか。とか、着付け初心者丸出しの考えが浮かんでは消えていくのです。

 いろいろな着付けとともに、仕立ても変わるのですね。
寸法

0 TrackBacks
0 Comments

初着をバラス!!

 仕事がなくなった!!

 と、いうわけで、姪っ子のために初着をあげ取りしようと思った。
 初節句ではない。
 2度目のお節句に、去年は着られなかった着物を着てもらおうという魂胆。
 もう、ガシガシ歩いてるしね。

 伯母馬鹿、全開です。

 さて。
 お宮参りに使った初着は、二枚襲ね。上着は、表、正絹、裏、化繊。八掛は引き返し。
 下着は、表裏、化繊。
 袖襦袢、まっかっかの化繊。
 
 これを、あげを取ろうと引っ張り出してきたら、なんか、なんとも、・・・・・・ていうか、どう、これ。

 安物を買うものではないね。
 ま、数百円のものだったのでいいことにしようか。

 ざっと見た感じ、柄は合ってない、かぶっているわけではないが、シミ、多数。
 表、ぺらっぺら。下、重っ。

 極めつけは、紐が上下逆さまについているではないか!!

 ダメね。
 ダメだね。
 ぶー。

 というわけで、初着をほついて、縫い直すことに。

 過程を、できるだけあげていこうと思いますが、上手く、写真が取れるかどうかが問題。
 こうご期待で。

 
 あんまり関係ないですが、お宮参りの初着をご希望の方に、お勧めしておきます。
 市販の初着セットを○万円だしてお買い上げになるなら、お母様かお祖母様かあるいは、誰でもいいので、華やかな正絹の小紋を初着に仕立て直したほうがいいです。
 同じような値段で、とても、なんというか、品のよいものに仕上がります。

 と、今回、しみじみと思いました。
 
 市販の初着セットは、確かに豪華できれいで華やかで、幸先よいものに見えますが・・・・・・が、が・・・・・・。






 ・・・・・・自分が贅沢なのかもしれませんね。
子供もの

0 TrackBacks
0 Comments

寸法の謎@身丈

 仕立てる側には仕立てる側の、着る側には着る側の言い分があると思うのです。
 ワタクシは、仕立てる側であり、滅多に着物なんぞは着ないもので、着る側の都合が分かりません。
 ですので、「ここをこんな風に」といってもらえると、大変助かります。
 また、実際お会いすると、なんとなく、その人の雰囲気や体型などを推し量ることが出来ますが、メールでのやり取りであったり、呉服屋さん経由では分かりかねます。

 ですので、ここで、一つ。
 仕立てる側からの言い分を、だね。

 まず、身丈。

 背からと肩からとがあります。
 背からは、首の付け根のぐりぐりから、かかとが隠れるくらい。
 肩からは、腕の付け根と首の付け根の中間で、一番高いところから、かかとが隠れるくらい。

 細かい調整は着付けのときにしてもらうとして、寸法を取るときはそれでお願いしています。

 某所で、「寸法的に意味がない」とまで言われた肩身の狭い背からの寸法ですが、昔から言われているものに、まったく意味のないものは、あんまりないんじゃないかと思うのです。
 
 じゃあ、背からの寸法って何だって言えば、ちょうど、繰り越して着付けたとき、言い方を換えると衣紋を抜いて帯をしめた状態を想像してもらえればよいかと思いますが、その時の背縫いの長さ、と考えていただけると一番分かりやすいか、な?

 背からの寸法を考えるときは、自分がどの程度の衣紋を抜くかを考えて出した寸法です。
 まず、着付け上がった状態の付け込み(衿付けと背縫いの交わるところ)を基本に、どのくらい衣紋を抜くかで繰越を考えます。
 普段着で、ぐっと繰って(衣紋を抜いて)お召しになる方は稀ですので、通常であれば繰越は5分。付け込みも3分。振袖、訪問着などの華やかに着付けるものは衣紋を多く抜くことから、繰越は多めにとるように出します。繰越は、+2分ぐらい。少しふくよかで首周りに厚みがあるときは、付け込みを深い目にしてもいいでしょう。

 この時、背の直線だけを考えているので、ふくよかな方はまた、ちょっと違う問題がでてきます。
 肩の厚みです。
 後身頃はそれでいいかもしれませんが、肩に厚みをとられて、前があがってくるという現象が起こります。
 お襦袢の着付けを思い出していただければ分かりやすいかと。

 肩からの寸法を考えるとき、肩の厚みを考慮に入れた寸法でもあります。
 肩の一番高いところから実寸を計るわけですから、厚みも含まれます。
 また、着付けたときに、肩山になる部分を起点にして、そこから繰越→付け込みと考えるので、着付けたときに肩山がずれないということにもなります。
 
 ところが、着用時、仕立てた寸法が、肩からであれ、背からであれ、衣紋を抜くと肩山は後ろにずれます。
 それを防止するための肩からの寸法ですが、きれいに着物の肩山と人間の肩山が同じになっている方をお見かけしたことがありません。
 それほどたくさんの着物をお召しになった方とお会いすることもないので、当たりが悪いだけなのかもしれませんが。

 そういう意味で言うと、身丈は肩からマンセーb というほど、肩からの寸法も厳密なものではないのです。

 背からと肩から、どっちもどっちなので、どっちがどっちとは言い切れませんが、ご自分の着姿をご存知の方は背から、ふくよかな方は、肩からの寸法で割り出されるとよいかもしれませんね。

 ワタクシ的には、肩からの寸法を頂くと、この方はふくよかなほうなのかしら。と、感じるしだい。

 長着においては、オハショリをとるので、大勢に影響はありません。
 問題は、長襦袢で。
 襦袢の身丈
 で、書いたように、肩からと背からでは、全然違う寸法がでてきます。
 が、基本的な寸法の考え方は、長着と同じです。
 そう考えると、肩からの実寸よりも、背からのほうが着用時の収まりがいいように感じます。
寸法

0 TrackBacks
0 Comments

身丈直し@長着

 身丈を直すには、2通りあります。と、以前、書きました。

1.あげに入れる。
2.裾を、切る!! スパッ


1.あげに入れる。


  これが、王道です。
  
  手順として、あげを解きます。
  「あげ」ということは、おくみも解かないとダメです。
  おくみを解くということは、まず、衿を解かないと、解けません。
  袷であれば、綴じも解かないとダメです。また、胴接ぎで出したり入れたりしますので、胴接ぎも解きます。
  胴接ぎで調節するということは、胴接ぎから上のおくみも解かないとダメです。
  胴接ぎから上のおくみを解くということは、当然、衿をまず解かないとダメです。
  身丈を調節するということは、褄下(=衿下)も変わってきますので、そこもあげたり下げたりします。
  すると、衿の長さも変わってきますし、衿付けの斜めも角度も変わってきます。

  つまり、およそ半分は解いてやり直すことになります。

2.裾を切るのは簡単です。


  裾をスパッと切ればいいのです。
  それだけです。
  ・・・・・・。
  そう思ってませんか?
 
  10cm、短くしてください。スパッと裾切っちゃっていいから^^

  という、ご依頼がありました。

  いえ。スパッと切っちゃうと、褄下(=衿下)も10cm短くなるんですが。いいんですか?

  いいんです。
  気にせず、スパッといっちゃってください。

  ・・・・・・、そうですか。それじゃあ。

  といって、スパッとやると、八掛が1尺ほどになることに気づき。
  何だよ! これ! だめじゃん。これじゃ!

  表はスパッと切りましたが、八掛は持ち上げるために胴裏を解き、おくみを解き、衿を解き・・・・・・
  ・・・・・・!? あ!?

  衿が四つ縫いしてありましたorz...
 
  四つ縫い、とは。
  4枚一緒に縫うことです。
  つまり、表の衿、表の身頃、裏の衿、裏の身頃が4枚一緒に・・・・・・orz...
  すなわち、裏の衿を解くと、必然的に、衿すべてが解ける仕掛けが・・・・・・!?
  何の罠だよ!!

直し

0 TrackBacks
0 Comments

引越し完了

Fc2に引っ越したときからの懸案事項だった、「ブログのお引越し」@Livedoor for Fc2。
当時は、一件一件のエントリを、手作業で移すしかなくて、いつか、便利ツールが出来るだろうと、待つこと数年。

見たら、なんと! まさに、希望の便利ツールが出来上がっているではないか!

数年来の肩の荷が下りた気分です。
以前のブログはコメントごと、こちらに移動したのち削除しました。
すべてのエントリは、このブログに入っていますので、ぼちぼち、探してみてください。

これで、ブログの整理は終わった。
なんか、長い便秘のあとのようです。

すっきり。
雑記

0 TrackBacks
0 Comments

遠い友達

地元。
と、いうけれど、どのあたりが地元なんだろうと、ちょっと思う。

生まれは、大阪。である。
小学生の頃に現在地に引越し、高校卒業後、京都へ。
10年いて、また、現在地に。
トータルすると、関西≦東北・・・・・・か。
そろそろ、関西<東北。

京都のお弟子さん時代は、九州、近畿地方が多く、同期は3人。
二人は、多分、仕事してないんだろうなぁ・・・・・・。
お姉さんたちで仕事してる人たちって、地元以外にいるのかなぁ・・・・・・。
やっぱり、外注してないと、仕事も途切れがちだし、自分で開拓するエネルギーも枯渇気味。
なにせ、お値段があわないのだ。

鼻の高い仕事ばかりもしていられないけれど、とあるところで頂いた仕事に対して、
「安いわね~^^」
と、褒められたのがトラウマ。

呉服屋経由だと、そんなにマージンとられてるのか!?

ここ数年で、ワールドワイドな和裁士さんも増えて、それらしいブログも増えたので、ちょっとした楽しみだけれど、「先輩とお出かけ!」「同期と話した!」という話題に、うらやましさ、大爆発。

いいなー。
近場の同業って。
日記

0 TrackBacks
0 Comments

気分! 一新!!

怒涛の5年。
5年前。2008年は、家族4人で、怒ったり笑ったりしながら過ごしていました。
5年後。2013年。家族は3人になりましたが、ひとりの新しい命が芽生えました。

震災時、妹のおなかにいた子が、もはや、1歳です。

震災は、当方に大きな被害はありませんでした。
2011.3.11の午前11時の飛行機に乗って、両親は田舎へ法事へ行きました。
まるで、その日、その時間に、そのことが起こるのを知っていたようなタイミングで祖母が亡くなったのです。

仙台空港に停めてあった車一台が流され、5ヵ月後、役所からの通知で廃車手続きをかねて、空港近くの瓦礫置き場に、車の確認に行きました。

その近く。
同級生が勤めていた駐車場があります。
友人知人で亡くなったのは、彼一人でした。

一人の同級生の親戚3家族が家を流され、同級生の家に転がり込んできたそうです。
3家族が一軒の家に住むことがどれだけ大変か、私には分かりません。
彼女が声を落として、避難所に移ってくれと頼んだ。という話を聞いて、言葉がありませんでした。

太極拳で一緒のおばちゃんは、一年で二桁のお葬式を出したのだそうです。
一年で、二桁です。
葬儀屋でもあるまい、一般の人が二桁のお葬式など、尋常ではありません。
その異常な状態が、あの時の普通だったのです。
折角、助かったのに、避難生活のストレスで体調を壊し、亡くなったお母さんのことも聞きました。
まだ見つからない、弟さんのお嫁さん。一家で流されてしまった親戚。
あんまり滅入るので、気分転換に、太極拳にきちゃった。と、ことさら明るく話されていました。

震災をきっかけに、いろんなことが変わりましたが、よい方向にいったこともあります。
音信不通だった姪っ子と連絡が取れ、交流が復活。
ケリはついていませんが、人間関係とはそういうものなのかもしれません。

こちらで交流の合った皆様とも、ちょっとずつ、また、楽しいお話が出来たら嬉しく思います。
長い間、不義理をいたしましたが、再びの、よろしくおねがいいたします。です(合掌

日記

0 TrackBacks
0 Comments

段数

ビーズを入れない、普通のレース編みでも、いいなと思った。
だがしかし。
レース編みの半衿の欠点は、襦袢の代衿が透けて見えるということ。
白い半衿をつけたうえにレース編みを乗せてもいいけど、それだともっこりしちゃうので、襟元がもっさい感じになりそう。

とりあえず、ビーズ一個、やってみよう。

ところで、バイアスに編むのに、どうしてるんだろうと思ったら、どうやら、端っこは斜めでもいいらしい。
四角にしているのは、市販のものだなぁ・・・・・・。

例えば、最初の編み目を3目にして、両端に一目ずつ足し目をしていって50段。
以後、片方で足し目、片方は減らし目にしていくと、
これで、裾(?)50目の長方形の底辺になりそうだけど、そうすると、サイズ的にはどうなんだろう・・・・・・。

お襦袢の代衿は天で1寸4分。剣先で1寸7分。

裏は見えなくていいから、3寸あれば天で余る予定だけど・・・・・・。

とにかく、「やってみよう!」@しまじろうのきょうこおねえさん。


余談だけど、レース編みで検索していて、タティングレースという美しいレース編みが存在することを知った。
これで、半衿作ったらどうよ。

・・・・・・ま、おいおいね。
[小物]ビーズ半衿

0 TrackBacks
0 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。