縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


今を活きる。

アンティークとは、フランス語で骨董品のことである。
似た言葉でレトロというのがあるが、こちらは、「懐古趣味」のこと。
ただ古いものを珍しがり、懐かしがるだけの個人的な感情を含んだ好みのこと。
アンティークとは、アメリカの法律では、100年以上前に生産された手工芸品や美術品のことなのだそうだ。
ヨーロッパあたりもこれに倣っているそうなので、世界基準といっても過言ではない。

着物の世界では、アンティークは、戦前に生産されたものを主に指すようだ。
アンティーク、アンティークともてはやされているようだが、逆に考えてみたらどうだろう。

現在生産された着物、狭義に和服が、上記世界的なアンティークの基準に照らし合わせて、果たしてアンティークとうほど価値のあるものがどれだけあるだろうか。

一枚数百万するという振袖も、数十年前のものは、現在、二束三文だ。
ちょうど、バブリーなころに流行った、のりでべったり貼り付けたような箔のついたペルシャ絨毯かと思われるバラや蘭のがらなど、もはやごみにしかならない。

着物好きのきっかけとしては、古着の着物やアンティークもとても優れたものではあるけれど、
確かなものを見極める目をもっと養わなければ、日本の着物文化は、うわべだけの情報に左右される薄っぺらなものに成り下がってしまうような気がして仕方がない。

昔は、目を肥やす役割は、呉服屋さんが担っていたけれど、今の呉服屋さんでは荷が重いんだろう。

末端の織り元や染め屋さんにもっと日を当てて、受け継がれてきた伝統を絶やさないようにするのはとても難しいことだ。ましてや、今となってはお金にならない、道楽の職業という位置づけなんだろうと思う。
実際、自分が仕立て屋をやっていて、食べていけないもん。

インターネットに上がってこない、地道で確かな技術を持った職人さんは、まだ、たくさんいる。
一人歩きし始めた情報をなんとか止めて、すこし、レトロな感覚に戻っても、悪くはないと思う次第。
スポンサーサイト
雑記

0 TrackBacks
0 Comments

訪問着の謎

とある質問サイトからの訪問者が多くてびっくり。
なんだろうと辿ったら、そこにここのURLが貼り付けられていて、二度びっくり。

あれは、消すことは出来ないのだろうか・・・・・・。

その縁で、たまに質問サイトを覗いているのだけれど・・・・・・。


インターネットというのは、それだけで独自の文化を築きつつあるようです。
2chや顔文字がその際たるものだといえるでしょうか。

さて。
インターネットの中に、独自の文化を築いているのは、なにもそれだけではないのです。
日本の文化だって、独自に進化していってるようです。
和装系。
聞いたことのない話がてんこ盛りです。

最近見たので、目を疑ったのが、小紋と訪問着について。

「江戸小紋の訪問着はよくある」そうです。
江戸小紋の訪問着。
江戸小紋で、訪問着。

大事なことなので、ニュアンスを変えて3回言ってみました。

江戸「小紋」と、きっぱり、小紋です宣言しているのに、訪問着、ですって。

小紋とは、同じモチーフの柄が何度も繰り返されているものです。
柄そのものには天地があったり、一方づいていたりします。
が、間違っても、その柄そのもの、例えば雲取りであったり、花であったりした場合、脇や背でその柄が合って一つの絵として成り立つことはありえません。

付け下げや訪問着の柄は、モチーフになっていません。
全体で一枚の絵のようになっています。
袖なり衿なりに飛び柄が合っても、それ一つが独立した柄になっているはずです。

例えば、麻の葉や青海派などでは、四裾は言うに及ばす、掛衿、お袖付けまで柄が合う場合がありますが、それはモチーフの繰り返しであり、あくまで小紋です。付け下げや訪問着とは言いません。
肩で振り分けてあり、柄の上下があったとしても、「付け下げ風に柄に天地がある小紋」という意味で「つけ下げ小紋」といいますが、これもあくまで小紋です。
百歩譲って、江戸小紋の訪問着があるとしたら、あの、細かい点々や小さな柄の一つ一つが、背や脇で合うという事になります。

例えば、こんなものが、訪問着として大手を振って売られているわけです。
ttp://www.kirakuen-net.jp/shopdetail/015006000040/order/

・・・・・・江戸小紋は江戸小紋らしく、粋に着こなして欲しいと思うのは、古い旧い価値観なんでしょうか・・・・・・。
しかも、江戸小紋の訪問着を肯定している方が、着付けを教えている方だとか。
なんだかなぁ・・・。


追記:
おや。リンク先が閉店してますね。残念。
着物

0 TrackBacks
0 Comments

謎の子供物~大四つ身って何だ!?

一つ身、二つ身、三つ身、四つ身、五つ身。
これが裁ち方の基本。
五つ身は、一つ、二つ、三つ・・・・・・の流れで、本裁ちを便宜上五つ身と呼んだだけで、それ以上の意味はない。

で。
2、3日前に知ったのが、「大四つ身」というもの。

大四つ身。

ここで、検索の鬼が登場するわけです。
仕事そっちのけで、検索に明け暮れます。

グーグル先生が知らなければ、ほかのポータルいって調べます。
グーグル先生は、百科事典。ほかのポータルは、小さな辞典のようなもの。

グーグル先生の拾ってくる情報は、多すぎて手に負えないこともある。以外に、ちっこい検索エンジンに引っかかったりするから侮れない。

さて。
とある、ワタクシにかなり近い呉服屋さんのサイトがあって、そこの情報をかなりの信憑性を持って信用しているのだが、そこで言うには、

   「大四つ身とは、本裁ちの四つ身寸法。地方によって、『七九寸(しちくすん)』という」

らしい。
へー。

・・・・・・。
インターネットは、大変便利で有用な情報が満載ではあるが、
グローバル社会になって、情報の混乱が大いに見られる。

大四つ身。

これ、必要な情報? 
地方によって呼び方が違うが、結局、末永く着られるように仕立てれば、それでいいんじゃ?

目の色変えて、「うちの子、七五三過ぎたから、『大四つ身』で仕立ててください!!!」っていうの?
いうのかなぁ・・・、やっぱり、いうのかな?


ついでに、三つ身も検索。
・・・・・・、これ、三つ身かぁ?
三つ身でこんなにでかい巾が取れるとするなら、もともとの布巾は、1尺3、4寸あったんじゃないの?

いろいろと謎の多いことです。
子供もの

0 TrackBacks
2 Comments

着付けが習いたい。

ふと、最近思うようになって着ました。

着付けが習いたい。

日本和装の広告を見たからかも。


無料の撒き餌をし、集まってきた鯉の中から、丸々と太って、キンキラキンの鯉を狙って釣り糸をたれます。
食いつかないときは、その鯉の周りに囲いをし、その餌だけを垂らしてあくまで食わせます。
釣れたらこっちのもの。
キンキラキンの鯉だと思っていたそれは、実は、鴨で、あとは、フォアグラにしておいしく頂ます。


と、言う、昔のうわさは、まだ、終わらない夢のようです。

きちんと習いたいと思うのだけど、情報がない。

インターネットで調べられることといえば、大手のあこぎな商売だけで、
ごく良心的な個人の先生は、ヒットしないものだ。
人とのつながりとは大切なものだと、こういうとき、ひしひしと感じる。

後、調べていないのは、電話帳と役所。
役所の無料着付けは、一度、いった事があるけれど、いいところ、付け下げ、訪問着まで。
そして、今は、やってないそうだ。

電話帳、か。

お茶とかお花とか、習ってみるか?
必然的に、着物を着ることになるし。
でも、お月謝が高いのはちょっとなぁ・・・・・・。
日記

0 TrackBacks
0 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。