縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


お宮参り掛け着 初着(うぶぎ)

初着について、前にもちょろっと触れました。

初着のお袖は大名袖です。
大名袖とは、袖口が、がばーっと開いているお袖のことです。
いわゆる、袖口下というものが存在しません。
よって、丸みというものもなく、形としては四角です。

口下がなく、袖口=袖丈であるということは、
風にあおられたり、何かの拍子で、中まで丸見えになる可能性だって無いわけではないのである。
裏が見えていいのは、裏を見せるものだけなので、基本、裏が見えるのは「めくさい」。

というわけで、袖口の返りは2寸。
それ以下だと、裏が見える可能性が高くなります。



と言うことを踏まえて。


最近の既製服は、ソレが標準だと思われているようですが、
必ずしもそうではないのです。

大量生産に適した縫い方をするものです。
細かいところを端折ったり、
簡易にやっちゃったりすることは、良くあることです。

つまり、既製品は、少し手抜きな部分もあるわけです。


さて。

沢山着物をお持ちのおばあさまが、生まれてくるお孫ちゃんのために、お宮参りの掛け着を作りたい。
おばあさまは、お仕立てもお出来になる方で、色々と詳しい。
自分で塗ってもいいのだけど、そろそろ目も利かなくなってきたから、頼もうと思う。
出来るだろうか?


お持ちになられたのは、目にも鮮やかなオレンジの羽織。
背中に、大きな孔雀の柄。

もともと、初着とは、一つ身である。
一つ身とは、背縫いがなく、後ろ身頃が一巾で作るものだ。
が。
背縫いのある、四つ身裁ちの初着が無いわけではない。

どうしましょうかね・・・。

羽織は、前落しが落ちているので、前巾は狭い。
普通、七五三の四つ身裁ちの着物にするときは、
前身ごろを新たな後ろ身頃に持ってきて、
一巾使える羽織の後ろ身頃を、新しく前に。おくみをつまんで、つまみおくみとして、形にする。

今回もそれでいけたらよかったのだけど、
後ろ身頃の見事な孔雀を、ぶった切るのは忍びなく、
後ろは後ろ、前は前として使用。
羽織の衿が幸いにして一巾使いだったので、
半分にしておくみに。
残りを紐に。

・・・うん。いいじゃん?

せっせと縫って、納めました。

と。
呉服屋さんから連絡があり。

この袖巾は狭すぎる。
袖口の返りがこんなに多いのはおかしい。
既製品と比べても、狭すぎる。
こんなの、納められないから直して。


・・・・・・え?

いや。普通、初着というのは、一巾の一つ身で、
袖巾はそれ以上にはならないのですよ。
今回、たまたま、背縫いがつく四つ身裁ちの初着だったので、バランス悪く見えますが、
それで、普通です。

ってか、アレだ。
これ、三歳になったら、上げをして、袖口下をくけて、丸みをつけて着るわけです。
そうなった時に、クレームのように袖巾を広げたら、それこそ、バランス悪くておかしいですよ?

それに、既製品のそれは、
袖の華やかな柄を見せるために、わざわざ、袖巾を広く取ってるのです。
袖口の返りを少なくしてもね。
見せる柄も無いのに、別に袖を広くすることも無いでしょう?

という趣旨のことを言ってみたら、

お客さんは、たくさんお着物を持っているので、先のことまでは必要ない。
今、良ければ良いんです。
次、3歳になったら、その時はそのときです。

・・・・・・はあ・・・。
そんなものですか。


昔の着物と、今、現在を生きる着物とが同じである必要は、無い。
とは、思うのですが、
先々のことまで考えて、究極のエコ被服が、「着物」だというコンセプトというか、位置付けがあるなら、
その考え方はすこし、かっ飛んでるんじゃないかと思うのです。

モノは良いものでしたので、出来上がりが大変素敵だっただけに、
とても残念な印象が残りました。

その時限りの子供物の着物ほど、もったいないものは無いと思うのです。

ちなみに。
昔、子供物の着物とは、大人の着古したものを仕立て直したもので、
さらに、子供物としても使えなくなったら、布団のガワにして、
さらに、そこでもどうしようもなくなったら、雑巾にし、
雑巾としてもお役ごめんになったら、お坊さんがそれを継ぎ合わせて、袈裟にしたのだそうです。

そうして作った生地が、たいそう尊いものとして扱われたのだという話を聞いて、
日ノ本の国の人として産まれて、良かったと思ったものでした。
スポンサーサイト
子供もの

0 TrackBacks
0 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。