縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


うろうろ・・・

ボーっとしていたら、恐ろしきことに、四十路が目の前に、ぶら~ん・・・と。
思えば、

手に職をつけた20代。
通信制の大学を卒業した三十路。

さて。

次の十年は何をしようかなぁ・・・。
と、焦点もあわせず、ぼんやりと空を見つめる今日この頃。


ふと。
三十路、四十路、五十路、六十路・・・
なぜ、20代と70以上は○十路といわないのだろう。

にそじ、とか?
なそじ、とか。
スポンサーサイト
日記

0 TrackBacks
2 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。