縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


仕立て方・いろいろ

男物といえば、殆どが洗い張り。
新しく仕立てるお客さんは、こちらには迷い込んできません。



基本的に、
 
   【表のあげ】
       後→袖付けから2寸5分下
       前→後ろの一寸下。

   【裏の上げ】
       花色木綿等、通しの裏→肩揚げ
       胴接ぎ付き→女物同様。ただし縫込みは八掛けのほう(裾に向かって)へたおす。

表地のあげについては、よく聞かれるのが、「なぜ、前を低くずらすのか?」

なぜなら、男物の帯は前を少し下げてしめるから。だそうです。
後とツラ一にするとあげの縫い目が出てくるので、一寸下げるのだとか。

裏のあげについては、「なぜ、肩揚げなのか」
 
なぜなら、昔の殿方のお仕事とは、担ぐものが多かったため、
肩の保護(クッションの役割)と、生地が傷みやすかったため。

その他に、びっくりしたのが、裏衿!
男物は、袷といえども棒衿に仕上げるのです。

ワタクシのお師匠さんは、

   「男もんの裏衿なんざ、所詮見えへんもんや。そんなもんつけんでもええ。
    んなもん、つけたら、始末するときにごろごろするやん」

そういって、衿先1尺ぐらいつけてあとは、なし。
なのに、先日お預かりした悉皆の男物には、しっかり裏衿が着いていました。

   え! これは、ついてるってことは付けるんだよね?

しばし、悶々と思案。
・・・・・・・・・・・・・・・付けよう。仕方あるめぇ。やっぱり、ついてるものは付けなきゃだめですよねぇ。
スポンサーサイト
男物

0 TrackBacks
4 Comments

リニューアルも途中です。

とりあえず、リンクだけ修正上がったので、トップページともどもアップしてみました。
およそ、ウェブショップとは思えない雰囲気です。
どこかの趣味で作ったサイトみたい。

ええ。そうなんです。
見難さ、大爆発です。
試験が終わったら、また、ちまちまとページを作っていこうと思っています。
「手縫いdeちくちく」

0 TrackBacks
0 Comments

内掛け、買っちゃったw(単位は鯨尺)

結婚するわけではありません。
用もないのに、買っちゃって、何をするかと言えば!

   バラス!これだ。

試験勉強がてら、しょぼしょぼと手を動かしているので、内用のお仕事だけやってます。
間違ったら泣くからね。
オークションの通りすがりに目が留まったので購入してみました。

で。

5分巾の裾綿はやったことがあるので、今度は、3寸巾で挑戦してみるかー。
袖口の綿は入れたことないしなー。
と、
やる気だけは十分。

さて。
いざ。

こバサミを手にムキッと縫い目を剥いてみたら・・・・・・! ミシン縫製でした。
まあ、そうだわな。
それでなきゃ、こんなに安くないよね。
しかも、生地が思ったよりごつい。
一応、正絹が売りだったから、信用はしているけど。

はー。
これ、バラシテ、元に戻るんだろうか・・・・・・。
日記

0 TrackBacks
2 Comments

相変わらずの仕事ブリです。

一月は、暇だ。でも、暇ではない。

とりあえず、目標を立ててみた。

来年、卒業! あと、11単位! がんばれ! あたし!

今月末に、また、単位認定試験があります。
そして、また、一夜漬け。さらにまた、かこもんサイトで・・・・・・うひひ。

ってやってる場合じゃないって。
一日に固めちゃったから、科目数が多いよ(涙
日記

0 TrackBacks
0 Comments

紗あわせ

先日、和裁士会から機関紙が届きました。
そのトップの見出しに、

   『紗袷』と。

・・・・・・和裁士の大ボスですらこれなんだから、仕方がないのかなぁ。と、つぶやきつつ。

紗あわせは、お単の着物です。お単。おひとえ。
というのは、一枚の布で出来ている、着物のことです。
だから、ひとえというのです。

紗あわせは、二重紗とか、無双とかもいいます。
紗や絽の、付け下げ風の柄があったりなかったりの上に、付け下げ風のぼかしの入った紗や絽の生地を重ねて、それを一枚に見立てて仕立てるのです。

だから、『袷』なのではなくて、2枚の生地を一枚に『合わせ』てあるのです。
ましてや、袷のように綴じたりしては、とじ糸が透けてしまうのです。
単の留袖の比翼だって、とじたりはしてない、はず。

んまあ、ところ変われば、仕立ても変わるので、その辺は許容範囲なのかなー。
とにかく。

紗合わせはお単の着物です。
仕事中

0 TrackBacks
0 Comments

あけましておめでとうございます。

新年を寿ぎ、御挨拶申し上げます。

昨年中は、お世話になった方も、お世話した皆様も、不義理を広い御心で流してくださった方も、大変ありがとうございました。
今年も、旧年と変わらぬ御愛顧をお願い申し上げます。




平成20年1月8日 ひわ@管理人 記



殆ど更新もないのに、時々、ぱちぱちと拍手も頂いて、ありがたい限りです。
少しは役に立ってる?
日記

0 TrackBacks
0 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。