縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


総柄合わせの付け下げ小紋。

われながら、なんじゃ、そりゃ。と思うのだけれど、
付け下げ風に肩から柄が振り分けられていて、
上から下まで、総柄合わせで、合わそうと思えば、そりゃーもう、雲どりのラインから、松葉の一本に至るまで。

   所詮、付け下げ小紋の分際で、何が楽しくて柄合わせせにゃならんのじゃ。ブツブツ。

そうそう。
「小紋」なのだから、柄がこまいのなんのって。
結局、苦労して柄のところを色変えて一所懸命縫っても、「付け下げ小紋」なのよ。

と、ブチりながらも、抱き巾なんて、柄、合わせませんよ。


訪問着以上のフォーマルな着物で総柄合わせの場合、

   ・・・・・・って、訪問着か振袖しか無いじゃん。という突っ込みはなしで、

合うだけの柄をあわせます。
お高いものですから、それなりに気を使い、やっぱり、着たときに見えるところは出来るだけ合わせましょう。

例えば、衽は剣先まで柄があい、掛衿、裄付けは言うに及ばず、衿先、肩周りまで合う、とかね。
そういう場合は、身幅と裄は寸法通りで、抱き巾は通しにしたりすることもあります。

だがしかし。
付け下げ以下、例えば、大島の大きな麻の葉柄だったりしたら、上手いことすると全部合っちゃったりする訳です。
今回の付け下げ小紋とかもね。

さて。
この場合、合わすべきか合わさないべきか。

お師匠さんは、

   裾から2尺と掛衿・裄が合うようなら合わせなさい。
   背と衽は合わせられるだけ合わせて、脇は無視してオッケー。

とのこと。さらに曰く。

   身八つから下なんか、着たときに見えるもんかい。
   見えないところで寸法の調節しないで、どこでやる。
   俺らは職人であって、芸術家じゃない(キッパリ

仰るとおりで。

そんな訳で、おおよそ、付け下げ以下、普段着は、
どれだけ柄が合おうとも、抱き巾は詰めて、着易い方向へ持っていったほうがいいと思うのです。
だって。
洋服だって、自分の寸法に合う、カッコいい着こなしのお洋服を選ぶでしょう? さらに、やせて見えたりしたら、なお、よろし。

着物だって同じです。
見栄を張る着物と、着心地追求の着物とは、別にしておいたほうがいいと思うのです。
スポンサーサイト
仕事中


お袖丈。>>単位は鯨尺

普段着(大島や紬、小紋、色無地等、特に晴れがましいところに着ていくことの無い着物)のお袖丈は、決まっていません。


と、お師匠さんに教わりました。曰く、

   そんなものは好みだ!


そんなお師匠さんを、尊敬しています。




とはいうものの、150センチ足らずのおばあさんが1尺5寸のお袖丈なんて、聞いたことも見たこともないし、実際見たら、・・・・・・実際にもいないだろう。


特に決まりは無いけれど、こんな感じですよ。と教わりました。


まず。身長。

140cm台:1尺2寸
~155㎝:1尺2寸5分
152㎝~160cm:1尺3寸
156cm~170㎝:1尺3寸5分
168㎝以上:1尺4寸

上下で食い込んで重なる部分は、体型等も考慮に入れると、絶対ということはありません。
ま、大体こんな感じ。

教科書や着物雑誌には、お袖丈の出し方の計算方法も載っていますが、厳密にそれに則ってみると、うーん・・・・どうなの?
やっぱり、好みも計算のうち。かなぁ?

訪問着などの晴れ着は、これに+1寸~2寸というところでしょうか。


このお袖丈は、結婚された女性の一般的なお袖丈です。
で、お袖丈とは年齢によっても上下するものなのです。

1尺3寸の長さを例にとって見ると、

20代以前の娘時代は、少し華やかなほうがいいので、+5分で、1尺3寸5分

結婚した、あるいは三十路に突入すると、お袖が長いと仕事がし辛いことと、ある程度、袖底も擦り切れたであろうから、長かった分-5分で1尺3寸。

お年を召してくると、やっぱり袖底が擦り切れてくるのと、お袖が長いと捌くのが厄介なので-1寸。1尺2寸。

大体こんな感じ。らしいです。

なので、一人の人の着物は同じ寸法でずっと着られるのではなく、身幅以外の寸法も年齢とともに変遷していくものなのです。


そんなわけで、決まりは無いから、お好きなお袖丈で、どうぞ。



2007.7.17 未来からの投稿!? 2007.7.16でした。追記>>>

忘れてましたが、娘時代は、少し大きめの丸みでも十分かわいらしいので、十代は1寸でも可。
若い時分は、丸みも少し大きめ、
結婚後、5分丸固定。と考えても、いいぐらい。
・・・・・・いや。これも決まってません。

すると、丸みを含めた筋を隠そうと思うと、やっぱり、袖底は5分~1寸くらいは切る羽目になるのです。

そういう意味でも、歳を重ねるごとにお袖丈は短くなるのです。
仕事中


方言

気付かないで使っている言葉が、案外通じないものだったりすると、ちょっぴりショック。

近いところでいうと、「しんどい」が宮城県では通用しない。
逆に、大阪のいとこに「疲れた」といったら、通じなかった。
           ↑いや。これは共通語じゃないの?

同様に、チャットなんかをするようになると、もっと楽しい。

岐阜出身の彼女に「目がカタイ」といったら「何?」と聞かれた。
静岡在住の若奥さんに、『片付ける』の意味で「なおす」と言ったら、「なおすっていうよね!」と感動の同意を求められた。
曰く、近隣の知人には通じなかったようで、「九州の出身ですか?」と聞かれた。若奥さんは、九州出身です。
ワタクシ、生まれは「大阪」ですが、母が「九州」なので、そっち方面の言葉が、日常茶飯事なんでしょうね。
気付いてませんが。


あなたが、普通に使っている言葉も、実は、こてこての方言だったりするかも、知れませんよ(ΦωΦ) 記事の続き
日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。