縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


今日から新学期です。

ああ、そうそう。
分けわからん、電話の勧誘に、思わず、興奮しちゃったけど、
そんなことが言いたかったわけではなかったのでした。

今日から、宮城県は、新学期です。
私の現役、児童・生徒時代は、8月24日まで夏休み、25日から、がっつり学校でしたが、週休二日になってから、なんと、休みの増えたことか!!

周辺の坊ちゃんズが、元気に学校へ行きましたよ。

ああ、でも、2期制のところは新学期とは言わないんですね。


西の、暑い地方の皆様。申し訳ない。

ものすごく、涼しいよーー!! ひゃほー!
スポンサーサイト
日記

0 TrackBacks
0 Comments

電話勧誘・6

電話の勧誘は、絶好調のようですよ。

例によって、例のごとく、『』内は具体的なお名前ですが、あんまり有名なので、あえてわかり易くしてみました。


「『TVCMで有名な医療健康器具会社』の『電話勧誘係』です。『ひわ父』さまの御宅ですか?」

ひわ>そうです。

「シムラケンとケンナオコのCMご存知ですか?」

ひわ>知ってますけど。(何で呼び捨てなの?)

「ありがとうございます。『ひわ父』様の奥様でいらっしゃいますか?」

   また、だよ。
   今度から、自動音声で受け答えできるようにしてしまおうかしら。

違います。とキッパリ否定したら、こともあろうに、こんなことを聞いてきやがったよ。

「では、『ひわ父』様の、お母様ですか?」

   誰が!
   誰の!
   何だって!?

違うって言うのに、なんだか、腑に落ちない様子で、

「『電話勧誘係』は50代なんですけど、失礼ですが・・・」

ひわ>さん・じゅう・だいです(が、なにか?(怒))


ばあ様呼ばわりされたのは、これで2度目だけどさ。
私の声は、そんなに年増なの?
雑記

0 TrackBacks
4 Comments

天から降ってくるもの。

天から降ってくるものは雨だけとは限りません。

梅のころには梅が、柿のころには柿だって降ってきます。
栗の熟すころになると、ぱちん! とはじける音がして、がさがさっと物音がすると、栗の実が落ちてきます。
やしの木があるところでは、椰子の実が落ちてきて、直撃するとお亡くなりになっちゃったりもするそうです。とっても危険です。

ワタクシの住まう日本の東北地方では、そんなでかくて硬い実のなる木はありませんので、ちょっと安心。


さてさて。
里山のふもとの道を、犬と歩いていると、ぼとっ! っという、蛙が落ちてきたときのような派手な音がするのです。
林の中に落ちていくので、何が落ちたか見えません。
  
   なんだろうね。

と犬と顔を見合わせて、てくてく歩いていくと、とうとう、そいつの正体が!!
ごっと風が吹いて、ざわざわっと頭上の木々が揺れて、数メートル先に、
緑の色も鮮やかな、

   毬栗(いがぐり)がっ!!
   ↑こんな色。

危険だっ!

死にはしないけど、そんなものが頭の上に直撃した日には・・・痛いこと、間違いなし。


上をうかがいながら、戦々恐々と歩く、日暮れの散歩道であったことよ。


0 TrackBacks
2 Comments

霧吹き

浴衣の季節、真っ只中です。
浴衣は木綿なので、ご家庭では、水通しして、仕立てるそうです。
私は、恐ろしくて、反物に水を通すなんざ、出来ませんが、霧なら吹いてアイロンを伸せます。

まだ、お弟子さんだったころに、お師匠さんが、夏になると可笑しそうに話してくれるのです。

   浴衣なんざ、仕上げは要らぬ。
   さーっと霧を吹いて、きれいにたたんで押しをしておけば問題ない。
   ・・・昔の話だけどな。

・・・・・・昔の話か。

   大体、昔は、今みたいな高性能な霧吹きなんざなかったんだ。
   口に水を含んでな、

   ぶぶーっっと、噴く!!

えっ!? 噴くんですか!? 反物に!?

   ぼたぼた、涎みたいに落としたらあかんで。
   染みになるからな。
   細かい霧が均一に噴けたら、一人前や。

・・・・・・。
一人前には成れそうにありません。
「今」で、よかった。
仕事中

0 TrackBacks
6 Comments

電話勧誘・5

とうとう、カテゴリ、作っちゃったよ。電話勧誘。
ただでさえ暑いのに、さらに暑さを煽る電話の勧誘です。
例によって、『』の中は具体的なお名前ですが、ブログの性格上と、ひわさんの心遣いによって、仮の名になっています。

↓では、どうぞ。


「『ひわ』様のお宅でしょうか? 『とある大手財閥系の関連会社』の『手練れの電話勧誘係』と申します。奥様でいらっしゃいますか?」

   ↑女性です。コンピュータ並みの鍛えられた喋りです。

ひわ「違います(きっぱり)」←最近多いので、ちょっとケンが立ってます。
おばあさまですか?」
ひわ「・・・・・・え!? わたしですか!!??」
 
   とっさに誰の事か、何のことか、理解できなかったです。
   誰が、おばあさまじゃ(激怒)

相手も何か思ったらしい。電話の向こうで、笑いをかみ殺しながら、
「お嬢様ですか?」

   何を今更。ってか、笑ってんの、丸分かり。ほんと、無礼な人だなー。

ひわ「そうです」←微妙に躊躇いながらも、でも、事実だもん。年齢は考慮外ってことで。
「お父様かお母様はいらっしゃいますか?」
ひわ「出掛けてます」
そうですか。と謝りもせずに、出直しますと電話が切れた。
なんか、釈然としないまま、戻りかけて腰も下ろさないうちに、再び電話の音。


ひわ「もしもし」
「『ひわ』様のお宅でしょうか? 『とある大手財閥系の関連会社』の『手練れの電話勧誘係』と申します」

   同じ人じゃん!? むううぅぅ(憤怒)

ひわ「お父さんもお母さんも出掛けていません」

聞いていたさっちゃん@縫い子が、
「子供が居るぞ!! 子供が!」
と、笑い転げていました。


あたしはなぁ!
忙しいんだよっ!
背紋合わせのお値段をアップするのに、リンクの文字がうまく表示されなくて悪戦苦闘しているのに、詰まんない電話なんか、してくんな(激怒)
雑記

0 TrackBacks
2 Comments

なんとなく引越しを考え中。[Livedoorにいたころ]

堀江君が捕まって、なんとなく、ブログの運営の質が落ちた気がするのです。
コメントが即表示されないことなんてざらだし、最悪、ブログの表示すら怪しい。・・・炎の狐だからかな? IEだったら普通?

どこいこっかな~。
雑記

0 TrackBacks
2 Comments

残暑お見舞い申し上げます。

今日は立秋です。
今日から、秋になっちゃいました。です。

   どこが?

古(いにしえ)の人の言葉を借りるなら、風に、です。


   秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる
                  by藤原敏行(古今和歌集<秋上・一六九>)

今風に言い換えるなら、
「秋が来た! とはっきりとはわからんけどもだ。ちょっとした風の音とか匂いとかそよぐ葉擦れの音なんかで、秋が来ちゃったんだな。って思ったりなんかして」(訳:ひわ)

昔の人は、風の便りに、季節を感じたんですね。
実際、ススキとか萩とか。結構早くから秋を感じさせてくれる植物も、未だ、穂を出さず。
稲穂はようやく出たばっかり。
むせ返るような湿度と温度で水田を渡る風に乗って、ご飯の甘い匂いがたちこめています。
おいしいお米が、出来ると良いですね。

ちなみに、「立秋」までに梅雨明け宣言が出ないと、その年は、「梅雨が明けなかった」ということになるそうです。
今年は、めでたく梅雨も明け、直後の猛暑で、生育の遅れていた稲穂も回復しているようです。
これで、台風が来なければ万々歳なのにね。

西の皆様、台風にお気をつけください。


0 TrackBacks
0 Comments

付け下げ・訪問着

着物の種類にはいろいろありまして。
大きく大別して2種類。


   柄合わせの無いもの:色無地、小紋

   柄合わせのあるもの:付け下げ、訪問着、色留め袖、黒留袖、振袖


色無地には喪服を含み、小紋には鮫小紋のように柄の向きを気をつけねばならないものがあります。
「柄合わせのあるもの」の中に、『振袖』を含んでますが、一時、花紋をつけた無地の振り袖が流行ったことがあります。
袴なんかに合わせると、なかなかどうして、粋ですよ~。

ワタクシ、卒業式で、袴に花紋の振袖を画策していたのですが、ひわ母がいつの間にか訪問着を購入いたしておりましたもので。
あるものは利用しましょう。と、呉服屋さんに袴の色を見立ててもらって、訪問着に袴を合わせました。
ベージュ系の訪問着で袴は萌黄のくすんだ感じです。

……残念ですが、写真がありませんのでアップできません。悪しからず。


そんな話はともかく。

付け下げとは、四裾に柄があり、かけ衿、裄には柄合わせの無いもので、八掛は別染めで通しでもぼかしでもオッケーです。
訪問着とは、四裾、掛衿、裄に柄あわせがあり、八掛は共布です。

以上が基本。

ところが、毎回上記に当てはまるものが来るわけもなく、

   柄あわせが衽のみ。でも、共八(共八掛)です。

とかね、

   掛衿に柄があり、四裾にも大きな柄があり、でも八掛はぼかしです。

みたいな。

どっち! どっちのお値段なの!? 付け下げと訪問着じゃ、お値段が違うじゃない!!

   共八なら、訪問着、別八(ぼかしなど。別八掛)なら付け下げでいい。

とは言われたものの、じゃあさ、じゃあさ。
 
   衽に一本のラインが合って、以上、共八です。これは、訪問着なの!?

ワタクシは、これを訪問着といってお仕立て代は頂けませんでした。伝票には確かに、「訪問着」とはっきりくっきりと書いてありましたが、納品伝票とにらめっこしながら、脳裏には「それをやっては、ぼったくり」と浮かんでは消えていくのです。

   ああ。あの呉服屋さんは、訪問着で売ってるのだから、きっと、仕立て代も訪問着でいただくんだろうな。うぬぬぬぬぅ。

頭を抱えながら、伝票には「付け下げ」。・・・・・・っと。



着物の柄を格付けするなら、明確なライン引きが欲しいところです。


******さらに迷いたい方は、続きをどうぞ。 記事の続き
着物

0 TrackBacks
6 Comments

夕暮れの散歩。

あれやこれやで、日が暮れてから、のこのこと散歩に行きました。
お犬様は待ちきれなかったご様子で、玄関をあけたときから猛ダッシュ。

門扉までの段々にこけて、門扉に激突。
「はぅ!」
という、異議申し立てなのか、ぬかったりな自分に腹を立てたのか、それとも、飼い主に逆切れか、判らないけれど、かわいい鳴き声とつぶらな瞳。

真夏の夕暮れは、日中の熱気がそこここに残りつつ、里山からは清涼な風がじわりと沸いてくるのです。昼と夜の空気が入れ替わるようです。

夕暮れには、ときどき、普段では見かけないものと遭遇することがあります。
今日は、ぼと。っと何かが落ちた気配がしたので、じっと、見つめると、

   3寸ばかりなる蛙が!! でかい!!!

のそ。のそ。っと、動くので、ふと、悪戯心に火がついたのです。
ほんの小さな蛙は、ぴょ~ん。ぴょ~ん。と、軽快に飛び跳ねて道路横断していきますが、こやつは、飛んだり跳ねたりはしないのだろうか。

   ここはひとつ、お犬様。行きなさい。

と、散歩道のチェックに余念が無いお犬様を、けしかけてみる。
ところが、お犬様ときたら、お年寄りで鼻が利かなくなったのか、
それとも、蛙が身をすくませて、石に擬態していたので見分けがつかなかったのか、
鼻先にいるというのに、そのまま通過。

   いざというときに、役に立たぬ犬めぇ。

日も暮れかけ、虫もわんさと飛んでいるので、とりあえず、お散歩に行って帰ってきたら、もう、蛙さんはいませんでした。

ふと見ると、その先に、さらさらと流れる山からの水が。



   古池や 蛙飛び込む 水の音      芭蕉

きっと、この蛙は、飛び込んだ拍子に、腹打ちして、お腹真っ赤っかにしてるに違いないよ。



腹打ち(はらぶち):
プールなどで、飛び込む際、何故だか、恐怖のあまり、頭を上げて飛び込んだ結果、腹を水面にしたたか打ち付けて、上がってきたときは、真っ赤っか。南無~。
飛び込みは、怖くても、頭からいきましょう。
お犬様

0 TrackBacks
4 Comments

高機能の能無し。[Livedoorだったころ]

ライブドアのブログをはじめて1年ちょい。
未だに、使い方が分かっていません。

あんまり高機能でも、使いこなせなかったら、あってなきが如し。

読者登録してくださった方。
この場をお借りして、感謝! と、今、気付きました。遅くなって、ごめんなさい。

フレパでも、よろしうね♪
宣伝・広告

0 TrackBacks
0 Comments

梅雨明け宣言。

東北地方も梅雨が明けました。
とても、涼しくて、すごしやすい日々が、明日から29度まで上がるとか。

・・・・・・。

いやだー。
暑いのは嫌だー。

暑い地方の、暑い日々の毎日を過ごしている皆様には、申し訳ないです。
いや、ほんと。
ほどほどに乾燥していて、そよそよと風も吹いていて、
本当に7月か!?

お百姓さんたちには、このヤマセはとっても迷惑なんですけどね。

はぅ。
夏か・・・・・・。


0 TrackBacks
2 Comments

自己紹介

今、改めてサイト整理をしていたら、自己紹介が無いことに気付く。
今の形になる前まではあったはずなのに、今現在はない。

・・・なので、ここで改めて自己紹介なんかを、してみよう。


【ひわ@管理人】
このブログの管理人で、『手縫いdeちくちく』の管理人でもあり、裁ちとヘラと仕上げと特殊物と普通の・・・つまり、仕立屋です。
おひつじ座のB型。変人の典型といわれます。
コメント欄の返信では、@以下が変幻自在に変わります。

身丈・4尺5寸
 裄・1尺8寸6分⇒振り分け 肩:袖幅=9寸2分:9寸4分
袖丈・1尺4寸

おくみ・4寸
合い褄・3寸8分

褄下・2尺2寸
繰越・7分


【さっちゃん@縫い子】
主に、縫い専門。
せっせ、せっせと縫ってもらっています。と、道中着の組み紐を組んでくれます。
全国コンクール2回出場。
技能グランプリ:敢闘賞(2006.8.3 追記)
A型。ひわさんとは、着眼点が違います。常識派。

【共通】
・国家検定1級技能士(私のときは、2級からしかなかったです)
・兵庫県職業訓練指導員(なぜ、兵庫県かというと、兵庫県でとった後に移動してないから)
・職業和裁検定1級
・日本和裁士会会員(でも会費は滞納気味)
・技能グランプリ出場

ほかには?
・・・・・・。
過去ログにあるとおり、ワタクシ、コンクール嫌いだったので、強制以外のコンクールは逃げ倒していました。

あとは?
・・・・・・・・・。


たて褄の控えは、針一本分!
丸みは、表裏どちらから見ても一枚に見えるように!
コート(道行)は角が命!
羽織の衿の返りは、前巾でよせてこない!
褄はハマグリ!

↑わかる人だけわかってください(照)
質問等、コメント欄へ。
日記

0 TrackBacks
0 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。