縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


最小単位(鯨尺)

和裁ではほとんどの場合、尺貫法を使用しています。

現状に合わせてメートル法で仕立てるところもあります。東北地方は曲尺が多いようです。
現在、お世話になっている呉服屋さんは曲尺ですが、ワタクシのお師匠さんところが鯨で、鯨尺しかもっていないので、鯨に換算して仕立てています。

さて。
さし(物指し)の最小単位は1分です。いっぷん、ではありません。いちぶ。と読んでください。

   1丈=10尺=100寸=1000分までが使用範囲。
   メートル法に直すと、
   1寸=3.79cm 1分=3mm強
   2分も3分も変わってくると、結構な長さで誤差が出てきます。

メモリにない単位もあります。それが厘。1分=10厘。
この『厘』の単位は、不思議なことに、『5厘』しか使いません。
とはいうものの、
職人の世界には、一般の人の理解に苦しむ感覚的な長さの表現法がありまして。それは、地方、和裁所、縫製所ごとに、違っていたりもします。
我がお師匠さんところでは、

   「ゆっくりめ」「かたいめ」

『1分ゆっくりめ』といえば、『1分+ゆっくりめ』おおよそ1分1厘~1分4厘までの範囲。
『1分かたいめ』といえば、『1分-かたいめ』おおよそ9厘~6厘までの間。
なぜ、5厘が抜けるかというと、5厘だけははっきりと『1分5厘』というからです。
感覚的な長さは、人によっても違います。これを『手』といいます。
『手縫いdeちくちく』でいうと、
ひわがたて縫いした袷の着物を、さっちゃんがまとめたときに、特に裄付け(袖付け)のヘラが、ひわは、少し『ゆっくりめ』に入るのです。
そうすると、「ねえちゃん、裄付けのヘラ、間違ってる」ってことにもなりかねないわけです。

もうひとつ。

   「針一本分」

うちのたて褄(褄下)は針一本分控えます。コートのたて衿の裾も、針一本分、控えてあります。

まだ、うら若いぴちぴちの一年生だったころに、上の人に尋ねました。
↑何でも、尋ねたがりなんです。リアルでも教えてチャンなひわさんなんです。
「針一本分って、どのくらいなんですか?」
「針一本分、って言えば、この針の・・・」と針を持ち上げ「一本分や」

知らないって、ある意味、無敵だよね。 記事の続き
スポンサーサイト
仕事中

0 TrackBacks
0 Comments

とうとうきたよ。

7月末に、単位認定試験があります。
和裁とは関係ありません。

ワタクシ、曲がりなりにも大学生でございます。
今も昔も、試験とは、一夜漬けでごーごごー。です。

そんなわけで、今月はとりあえず、これにてお休みになります。

また、8月に出直します。

ではでは。



そういえば、また、下書き機能フル活用で、アップされないものが増えてきています。
におってこないうちに、アップせねばな。
日記

0 TrackBacks
4 Comments

お風呂生活の野望。

「縫い子さんの日がな一日」が(再)になる前に、
お風呂で本や雑誌を読む話をした事がある。

で。
ワタクシは、あきらめていませんよ。
憧れの、「お風呂de読書」計画。

経験者、皆様のお話ですと、
持ち込みは、雑誌がよいらしい。
ポイ捨て可能なら、なお、よろし。
長風呂、必至とのことなので、水風呂、推奨のこと。

問題は、風呂に入って、雑誌をめくる時間。


さて。
わが身を顧みて、
まず、歯磨きしながら湯船で、ふーっ・・・。
時々寝てるときもあるので、この時間帯には、絶対寝ないようにする⇒時間の節約。
   ↓
頭の先からつま先まで、ごしごしごしごし・・・。
手を添えないで足を上げたり、腕を背中に回したり、柔軟と筋トレもかねてます。
   ↓
再び湯船へ。
手首の柔軟と、割り座の練習。割り座=お姉さん座り。これ、苦手なんだよね。そのまま、前に柔軟できないので、股関節の柔軟もかねて。
   ↓
壁の泡と床の泡を流して、今日の入浴も終了。

以上、一時間弱。

・・・読んでる時間、無いじゃん?
ってか、それで、一時間弱かかっちゃってるじゃん?

やっぱ、風呂に入ってる時間は、筋トレや柔軟なんかしてる場合じゃないか・・・。
日記

0 TrackBacks
0 Comments

イベントに参加してみた。

バルビレッジは自分のオウルベアを操って、アイテムを集め、庭を造り、お友達とコミュニケーションをとるゲームです。

初めて、シークレットコンボのイベントに参加してみました。

アイテム(部屋や庭を飾るもの)には、一つ一つにアルファベットで名前がついています。
パネル中に散らばっている、コンボキューブ(アルファベットの書いてある箱)を集めてひとつの名前にすると、コンボ成立。そのアイテムがもてるようになります。
また、アイテムには重さがあって、その重さの分だけ乾杯(ほかのオウルベアと友達になる儀式)をすると、コンボが成立しなくても、もてます。これを、ピヨパワーといいます。

んで。
アイテムとして存在しないものがイベント期間中、GM(ゲームマスター)の家の掲示板に張り出されるわけです。
それをコンボすると、後で、そのアイテムが自分のパネルにプレゼントされる。という仕組み。・・・らしい。

なにせ、初めてのことなので。


我が家から、GM(ゲームマスター)の家までは、ちょっと遠かったけど、
いろんなお庭がのぞけて楽しかったです。
イベント期間中、ということで、たくさんのオウルベアに出会えることを楽しみにしていったのに、なんだか、閑散としていました。


あんまり寂しかったので、GM宅に侵入。
ケルベロスを相手に、酒盛りなんかをしてみました。



・「バルビレッジ」は、株式会社 ジーウェブ及び株式会社 ジークレストが提供しているサービスです。
・このサイトは「バルビレッジ」、株式会社 ジーウェブ及び株式会社 ジークレスト とは一切関係がありません。
ゲーム

0 TrackBacks
4 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。