縫い子さんの日がな一日(改)

「若き職人」の称号を返上しつつ、中々、「熟練の職人」になれない田舎の仕立て屋さんの日がな一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


しばらく、お休みします。

プライベートで、あれこれありまして。
しばし、お休みします。

ワタクシ個人のことではありませんので、お気になさらずに。

お仕事の方は、バリバリやっていますので、HPにはどうぞ、気兼ねなくおこしやすぅ。
スポンサーサイト
日記

0 TrackBacks
6 Comments

『花さか爺さん』を考察してみた。

夕べ、日も暮れたころに降りだした雪は、今朝方、2センチほども積もっていました。
いつもなら、昼になる前にきれいさっぱり融けてしまうのに、
昼間の暖かな日差しにも、そのまま涼しげにしています。
よほど、気温が低かったのでしょう。

庭の蝋梅が一つ咲きました。
去年は、暖冬のせいで、前の年の12月にすでに咲ききっていたのですが、今年はいつもの通りに、寒い中、甘い匂いがほのかに香ってきます。

その隣に、枯れ枝を曝す梅があるのです。
我が家の梅干の梅であり、梅シロップの梅です。
花も葉っぱもないそれに、薄く雪が乗っています。

そこでやめておけばいいものを、ふと。思い立ってしまったのです。

   「花さか爺さん」って、灰をまいて花を咲かせたのだよね?

   よもや、マジで、灰をまいて花が咲いたわけではあるまい?
   では、そこに至るまでの、作者の見た光景があるに違いない。

   それって、これ(=雪の載った枯れ枝)だよね?



枯れ木。というからには、季節は冬でしょう。
「桃には桃の、桜には桜の、梅には梅の花が咲いた」
というのだから、それぞれが、咲く前。
しかもつぼみもつけていなければ、枯葉さえない状態=枯れ木。

お天気のことは、特には触れていないのだから、
絵本で見るように、晴れていたっていいし、雨だっていいのです。

で、推察するに、この物語のお天気は、吹雪!
爺さんが灰をまいて、ある程度離れた木々全体、本によっては、山全体に花を咲かせるほどに行き渡らせなければならないことを考えると、旋毛を巻く風が吹いていたに違いないのです。
そんなに寒くない地方で降る雪は、大抵、水分を含んだ湿った雪です。
湿った雪は大粒(?)になりやすいです。
はらはらと舞い落ちる美しいではなく、
やけくそのように、どんどこ、「降る」というより「落ちてくる」に見えるのです。
しかも、湿っているので着雪しやすい。
灰=雪と考えると、つまりは、吹雪。

そういうことを、作者は見て、あるいは知っていたのでしょう。

ってことは、
作者さんは湿っぽい雪の降る地方の出身。
日本海側か。それとも、東北地方の南部。

探し出せたのは「富山県」でした。

   うん。
   まあ。日本海側だわな。
   当たらずといえども遠からずって事で。えへ。


思い巡らせて見たのです。
富山県のとある山あいの、雪深い村で、
逆巻く吹雪の中、つっかい棒の窓から見た光景は、
まるで花が咲いたかのように雪をかぶる枯れ枝を取り巻く、風。雪。
風に舞い上がる灰のように、重さを感じない雪。
いつかその枝に咲く花を夢見て、春の来るのを待ちわびたことでしょう。

室町時代末期から江戸時代中期に成立した物語だそうで、
「御伽草子」に入ってるかと思って、検索してみたけど、・・・見当たらないなぁ。
「御伽草子」じゃないのかな?


参考にどうぞ。
http://marmi.babymilk.jp/mukasi/mukasi.index.html
http://enkan.fc2web.com/minwa/sonota/07.html


0 TrackBacks
0 Comments

サイトもお正月。

終わった・・・というのもおこがましいが、
それでも、何とか、「手縫いdeちくちく」お正月更新しました。

見た目では、多分、ほとんど変わりないのですが、
中身は、ものすごく変ってます。・・・中身って、内容じゃなくってソースの方。

テーブルを組み倒していたメニューは、スタイルシート使用。
アイコン画像も新しくしたり。

コンセプトは、

   「初日の出に正月遊び」

雰囲気は旧正月まではお正月気分で。ああ、でも、節分があるのか・・・。

もういいや。
しばらく、タグ見るのも嫌になっちゃった。

newマークはついてませんが、ギャラリーに写真を数枚アップしています。
着物の写真はありませんが、仕事場が垣間見れます。



あああああ、でも、width設定間違えて、横スクロールバーが出てるんだ。
誰か治して~・・・。
「手縫いdeちくちく」

0 TrackBacks
0 Comments

仕事がないから。

年始めに、仕事がないのは去年に続いてる。
こりゃ、やばいんじゃないの?と一人冷や汗をかきかき、

   ネットで、客、かき集めるぜ!

と、一念発起。
去年の秋から、模様替えもしてなかったので、手始めに画像を変えようかと、
ファイルを開いたのが運のつき。

・・・なんか、些細なことが気になる。


   いいじゃないか、こんな小さなタグ。ほっといたって悪さなんかしやしないよ。


と右の天使がささやき、にやりと笑ったその時に、左の天使がささやくのです。


   ものはついでだ。ソース、見直したら?


そんなこんなでドツボにはまってます。
この凝り性は、何とかならないのかしら・・・。

けど、結局、きれいさっぱりソースを書き換えたとしても、サイトの見栄え自体は、
ほぼ変らないのだ。

・・・あたしのやってることは、無駄じゃないよね!? 記事の続き
日記

0 TrackBacks
3 Comments

ダンディの、更なる、秘密。

近所に住む、50代ぐらいの旦那がいる。
ミニ・クーパーを颯爽と駆り、オールバックに決めた彼を、

   ダンディ

と呼んでいる。


先日、家人のバイト先で、魚屋らしいとの噂を聞きつけた。
(詳細は、追記に再掲しています)

が、どうやら肉屋らしい。

でかそうな包丁一本。
のイメージはそのままだが、肉屋と魚屋では生臭さが微妙に違う。

去年、一緒に件のスーパーへいく用があったので、こっそりのぞいてみたら、
マジで、魚屋にはいないよう。

……肉屋。・・・なのか?

帰りがけ、社員用の舗装されていない駐車場に、ちまっと、かのミニクーパーが収まっているのをみて、
思わず、ぷ。っとなったなんて、大きな声ではいえません。


ダンディの謎は、一つ、解けた。


今度は、ぜひとも、肉屋をのぞいて見なければ・・・。 記事の続き
雑記

0 TrackBacks
5 Comments

七草粥。

昔はあんまりおいしく思わなかった、野草のお粥さんです。
今でも、その味は変らないはずなのに、
大人になったということでしょうか。
雰囲気を、一緒に食べるようになって、なんとなく、お正月が過ぎていく味がします。

春の七草は、どう考えても、今の季節にないものまでもが含まれています。
それもそのはず。
春の七草。として詠まれた時代は平安の御世。
四辻の左大臣と言う人が、

「せりなづな 御形はこべら 仏の座 すずなすずしろ これぞ七草」

と、詠んでから定着したそうです。
もちろん。この時代と現代とでは、暦が違います。

とはいうものの、百人一首で有名な、

「君がため 春の野に出でて 若菜つむ 我が衣手に 雪は降りつつ」

の、「若菜」が春の七草だったとは、思いもしませんでした。
光孝天皇の想い人はどんな人だったのでしょう。

天皇陛下、御手ずから、七草粥を作ったのでしょうか。
味付けはやっぱり塩味?
まさか、平安の御世に、かつおだしや昆布だしなんてあったとも思えないし。
・・・いや。あったのか?
お米は、古代米? それとも、米なし?
野草だけのお粥さんって、ちょっと想像つかないけど、しゃぶしゃぶとしていそう。

あれ?
ってことは、この時代は天皇陛下もお台所に立ったのか?
天皇陛下の使うまな板ってどんなの?
包丁なんか、切れなかったんじゃないのかな~・・・。
大根とか蕪とかさ、どうやって切ったんだろう。
切れない包丁なら、そんなに薄切りにならなかっただろうし。

ああ・・・。
だんだん、七草粥から遠ざかってゆく・・・。


0 TrackBacks
0 Comments

年頭に当たり・・・。

初心などを表明しつつ。

今年は、まじめに、金の亡者になります。

と宣言しておきましょう。

2009年には屋久島で皆既日食があるらしいです。
たまには、金の苦労なく、母を実家に帰してやりたいものです。
ついでに、日食などを直で見たりなんかして・・・。
本当のところは、「日食」メインだったりしてね。ほほ。

そんなわけだから、ばあちゃん。
それまで、矍鑠(かくしゃく)としていてくださいまし。
日記

0 TrackBacks
0 Comments

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。
日記

0 TrackBacks
0 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。